トップページ > FX会社の比較ランキング > 100通貨単位や1,000通貨単位で取引できるおすすめFX会社のまとめ

100通貨単位や1,000通貨単位で取引できるおすすめFX会社のまとめ

FX会社の多くは10,000通貨での取引が基本となっていますが、FX初心者やレバレッジを下げて運用したい人向けに、100通貨単位や1,000通貨単位以下で取引できるFX会社もあります。

そこで、今回は100通貨単位や1,000通貨単位で取引できるFX会社一覧と、1,000通貨単位で取引することの意味やメリット・デメリットなどについて説明したいと思います。

100通貨単位や1,000通貨単位で取引できるFX会社一覧

1,000通貨単位以下で取引できるFX会社を一覧にしましたので、口座開設の際の参考にして頂ければと思います。

FX会社取引手数料/片道
SBI FX TRADE無料(1通貨単位から取引可)
マネーパートナーズ無料(100通貨単位から取引可)
みんなのFX無料
外為ジャパン無料
ヒロセ通商【LION FX】無料
YJFX!30円
セントラル短資無料
JFX無料
FXトレード・フィナンシャル無料
外為どっとコム無料
マネックスFX無料

上記のFX会社の中でも特におすすめのFX会社としては、なんと1通貨単位から取引できるSBI FX TRADEと取引通貨が50種類以上もあるヒロセ通商【LION FX】です。

SBI FX TRADEヒロセ通商【LION FX】の2社はスプレッドランキング(参考記事/FXスプレッド比較ランキング|最少おすすめ業者)でも国内FX会社の中では上位にランクインしているFX会社ですので、1,000通貨単位で取引を始めたいという方にとっては、国内屈指の2社ということになるかと思います。

1,000通貨と10,000通貨の取引の違い

これからFXをはじめてみたいと思っている人の中には、そもそも1,000通貨単位と10,000通貨単位では、どう違うの?という疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、1,000通貨単位での取引と10,000通貨単位で取引することを比較するための簡単な表をご用意しましたので、ご覧ください。

証拠金・・10万円
投資対象・・米ドル/円=1ドル100円
1,000通貨10,000通貨
1枚10万円100万円
レバレッジ1倍10倍
1pipsの利益+10円+100円
1pipsの損失-10円-100円
100pipsの利益(1円分の利益)+1,000円+10,000円
100pipsの損失(1円分の損失)-1,000円-10,000円

証拠金10万円で、米ドル/円=1ドル/100円をトレードすると、1枚あたりのレバレッジは、それぞれ1倍と10倍になりまして、100pips=1円動くと、それぞれ±1,000円と±10,000円の変動があるということになります。

1pipsの場合は、100pips=1円の100分の1にあたりますので、それぞれ±10円と±100円の変動があるということになります。

1,000通貨単位で取引すると”儲け”となる利益も少なくなりますが、損失もその分、限られているのがお分かり頂けるかと思います。

FX初心者の方で10,000通貨の取引はちょっと・・・という方がFXの感触を掴むために、1,000通貨単位から取引をはじめてみるというのは、とてもいいアイデアだと思います。

デモトレードで練習するより、1,000通貨単位で実戦に臨む方が、相場から伝わってくる”リアリティ”は全然違うはずです。

100通貨単位や1,000通貨で取引するメリットとデメリット

1,000通貨単位で取引するデメリットは何と言っても、そのサイズが小さいことになるかと思います。

上のケースでご覧頂きました通り、仮に米ドル/円に1,000通貨で1枚取引を行ったとしても、1円動いてようやく、±1,000円の変動しかありません。

これでは、いくら儲けたい!と思っても、なかなかまとまった利益を上げることは難しいと言わざるを得ません。

では、1,000通貨単位で取引するメリットにはどんなことが考えられるでしょうか?

100通貨単位や1,000通貨で段階的に枚数を集める-ナンピン-

伝説の相場師であるジェシーリバモアは、かつて次のように語っています。

「あらゆる相場は暴落と暴騰の繰り返しである」

これは、FXの主戦場である為替相場にも当てはまりまして、相場は日々上昇と下落を繰り返しています。

そして、その相場の先行きを予想することができれば、見事、利益を手にすることができるというわけです。(それが、とても難しいことなのですが・・・)

相場のトレンドを見極めることも、もちろん難しいのですが、さらに難しいのは、マーケットの天井と底を当てるということです。

実際に、相場のトレンドを見極める=相場観は当たっているのに、エントリーするタイミングやポジションサイズを誤ってしまい、損失を出してしまうということは少なくありません。

よくあるパターンの一つとしては、相場の見通しは当たっているのに、スキャルピングやデイトレードなどで一回のトレードでレバレッジを上げてしまったがために、相場の一時的な逆行に耐えられなくなって損切を繰り返してしまうというものです。

そうしたときに、有効になるのが段階的に枚数を集める、いわゆる”ナンピン”です。

nanpin

ナンピンについては、トレーダーによっては避けるべきという人もいますが、トレード対象の通貨ペアがボックス相場で方向感のない動きをしているときは、むしろ有効なトレード手法の一つです。

資金が少ないときに、”儲けたい”という一心でレバレッジを上げて一回のエントリーで短期的な変動に右往左往してしまうよりは、指値注文を段階的に並べて、ポジションを徐々に作っていくというのも一つの戦略です。

ただ、この戦略が使えるのは、ボックス相場であることが前提ですので、自分の相場観が外れたときには、きっちりと損切りする準備だけは欠かせません。

100通貨単位や1,000通貨投資で複利運用はメリットにはならない

FXの魅力の一つにスワップポイント呼ばれる金利収入があります。

それを利用してポジションを徐々に膨らませていくという複利運用という方法もありますが、実はこの点については、1,000通貨単位でトレードできることは、それほど大きなメリットになりません。

例えば、NZドル/円を平均75円のレートで30万通貨、元手300万円、レバレッジ5倍という条件でスワップ金利を運用した場合を見てみましょう。

証拠金保有通貨ペアと数量1ヶ月あたりのスワップポイントによる金利収入レバレッジ
300万円NZドル/円=75円×30万通貨+1,500円×30日=+45,000円約5倍

上が、複利運用をはじめたときの状況だと仮定して、レバレッジ5倍を維持することを前提に、スワップ金利が貯まったらそのお金でNZドル/円を買い増していく複利運用の方法を1,000通貨単位と10,000通貨単位で行った場合を比較してみましょう。

運用年数1,000通貨単位で複利運用の場合10,000通貨単位で複利運用の場合
1年387,105円379,300円
2年824,260円806,550円
3年1,317,985円1,289,150円
4年1,875,560円1,834,050円
5年2,505,280円2,449,700円
6年3,216,440円3,144,600円
7年4,019,605円3,929,950円
8年4,926,665円4,816,550円
9年5,951,035円5,818,050円
10年7,107,910円6,949,000円

ご覧頂きました通り、スワップ金利だけで複利運用していく場合、1,000通貨単位と10,000通貨単位で累積される利益の差はほとんどありません。

実際には、入ってくるスワップ金利が変更になったり、買い付ける為替レートが変更になったりしますので、この通りにはいきませんが、1,000通貨単位で再投資を繰り返すことが必ずしもメリットになるというわけではありません。

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2018年4月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ