トップページ > FX会社の比較ランキング > FXでチャートがおすすめの会社やサイトはどこ?軽い・使いやすい・見やすいチャートのまとめ!

FXでチャートがおすすめの会社やサイトはどこ?軽い・使いやすい・見やすいチャートのまとめ!

FXでトレードをしている、あるいは、これからトレードをしようと考えている人にとって、「チャート」を重要なポイントに考えているという人も少なくないのではないでしょうか。

スキャルピングやデイトレードはもちろん、中長期のトレードをメインとしているファンダメンタリストであっても、マーケットの動向やエントリーポイントなどを確認するために「チャート」は必須という人もいらっしゃるかと思います。

chart

そこで、今回はこれまでに数十社の会社で口座を開設し、FX歴15年以上の筆者が、チャートを提供している会社やサイトなどを軽さ、使いやすさ、見やすさ、分析機能の豊富さ、オリジナル機能など様々な面から検証し、その中から、初心者から上級者までおすすめできるチャートを厳選してご紹介したいと思います。

それでは、早速、見ていきましょう。

GMOクリック証券

FX業界の最大手の一角を担っており、「FX預かり資産国内第1位(2016)」「FX取引高第1位(2016)」「分析ツール満足度国内第1位(2016)」など、様々な調査で国内トップの評価を受ける「GMOクリック証券

GMOクリック証券の「プラチナチャート」内容
対応ブラウザWindows Vista : Internet Explorer 9/Firefox
Windows 7 : Internet Explorer 11 (デスクトップ版のみ)/Firefox/Google Chrome
Windows 8.1 : Internet Explorer 11 (デスクトップ版のみ)/Firefox/Google Chrome
Windows 10 : Internet Explorer 11 (デスクトップ版のみ)/Microsoft Edge(デスクトップ版のみ)/Firefox/Google Chrome
Mac OS 10.9以上 : Firefox/Google Chrome
軽さwindows7やWindows 8.1の古いパソコンでもサクサク表示
見やすさ背景色やローソク足のカラー変更の他、どこに何が配置してあるかが簡単に見つかる
使いやすさ軽さと直感的に分かりやすい操作性など抜群の使いやすさ
機能性豊富なテクニカル指標だけでなく、カスタマイズ性も秀逸
利用料無料
対象者FX初心者から上級者まで幅広く対応
それ以外のチャートデスクトップ型 : はっちゅう君FXプラス
スマホ : FXroidプラス/iClickFXneoプラス/モバトレ君アプリFXプラス
スマートウォッチ : FXWatch!

そんなGMOクリック証券が、今回のテーマである「チャート」に”特化”して提供しているのが「プラチナチャート」になります。

このプラチナチャートの凄いところは、チャートの使いやすさに徹底的にこだわって開発されているという点で、表示の軽さ、カバーしているテクニカル指標の多さ、見やすさ、多画面分割機能など、まさに”至れり尽くせり”という感じで、「おもてなし」すら感じる”コダワリ”っぷりとなっています。

特に、周りに配置されているボタンやナビゲーションをクリックやマウスオーバー(マウスを重ねる)するだけで、何ができるかが直感的に分かるという操作性は極めて優秀で、FX初心者から上級者まで、ストレスなく使えることができるはずです。

では、実際にどんな、おすすめ機能があるのかを見ていきましょう。

〇年足チャートまで見れる!

gmo_chart_01

1分足から月足までのチャートが見れるというチャートは珍しくありませんが、GMOクリック証券では年足までチャートで確認できるようになっています。

トレンドを時系列で確認したいという方が重宝するであろう機能が標準で付いているのは、嬉しいところです。

〇チャートを見ながらアラートを設定することができる

gmo_chart_02

gmo_chart_03

チャーティストの中には、細かくレートにアラートを入れて、トレードしたいという方も少なくないのではないでしょうか。

GMOクリック証券のプラチナチャートでは、そうしたトレーダーの要望を汲み取るべく、アラート機能は、チャートを見ながら設定ができる仕様になっています。

〇マニアックな指標にも対応している豊富なテクニカル指標

gmo_chart_05

gmo_chart_06

チャートにこだわって提供されているだけあって、中上級者でもあまり馴染みのないようなテクニカル指標まで、実に豊富に揃っています。

探求心旺盛なチャーティストであれば、複数のテクニカル指標を組み合わせることで、自分だけのトレード戦略を組み立てることも思いのまま

その他にもお気に入りチャートの保存、背景色やローソク足のカラー変更、大口取引者向けのEXモード(スプレッドなどが異なる)など、カスタマイズやハイエンド向け機能も多数搭載。

また、GMOクリック証券では、プラチナチャート以外にもデスクトップ型やスマートフォン用アプリの他、下記のようなスマートウォッチ用のアプリやVRでもチャートを見ることができまして、対応デバイスの広さという面においても、並々ならぬ情熱を感じさせてくれます。

下記はスマートウォッチ用のアプリ

img_area01_01

そして、下記は2017年にリリースされたFX業界で初となるVRを利用したトレードアプリ「FX VR TARDE」

 

FX初心者から上級者というだけでなく、ガジェット好きやテクノロジー好きな方まで、実に幅広い層におすすめの会社になっています。

>>公式サイトへ進む「GMOクリック証券

DMM FX

GMOクリック証券と凌ぎを削る国内きっての大手FX会社「DMM FX

FX口座数国内第1位」や「取引手数料・コストの安さ」などが高く評価されるFX会社ですが、チャート機能もかなり充実しています。

DMM FXの「チャート」内容
対応ブラウザDMMFX PLUS : Google Chrome/Firefox/Safari
DMMFX ADVANCE : Microsoft Edge/Internet Explorer11/Google Chrome/Firefox/Safari
プレミアチャート : InternetExplorer9 , 10 , 11、MozillaFirefox3以上、Safari3以上(Macのみ)
軽さDMMFX ADVANCEとDMMFX PLUSについては、windows7やWindows 8.1の古いパソコンでもサクサク表示
見やすさ標準の状態でも、どこに何が配置されているのかはすぐに分かる見やすさ
使いやすさ軽さと直感的に分かりやすい操作性、プレミアは複雑な表示も簡単に可能にしてくれる使いやすさ
機能性豊富なテクニカル指標だけでなく、カスタマイズ性も秀逸
利用料無料
対象者FX初心者から上級者まで幅広く対応

DMM FXのチャートの最大の特徴としては、その“数”になりまして、ブラウザ用のチャートだけで「アドバンス」、「プラス」、「プレミア」の3つのチャートを提供しています。

アドバンスはシンプルで手軽、アドバンスは初心者から上級者向けの万能型、プレミアは高機能チャートとそれぞれのチャートが対象者や用途によって、しっかりと作りこまれていまして、そのときの状況に応じてチャートを選択できるようになっています。

早速、実際の画面でご覧いただきましょう。

〇アドバンスのチャート

dmm_advance

アドバンスのチャートは、非常にシンプルな作りになっていまして、タブレットや小さなノートPCなどでも、サクサクと確認することができます。

外出することが多く、タブレットなどで軽快に取引したいという方におすすめのチャートになります。

〇DMM FX PLUSのチャート

dmm_plus

dmm_plus2

プラスの方は、かなり本格的なチャートツールになっていまして、上記のように通貨ペアを分割して表示させたりすることも可能な上に、サポートブラウザも、Google Chrome、Firefox、Safari(MAC)と幅広く、万能型チャートと言えます。

また、それぞれのチャート上で右クリックで即座に注文を入れることも可能で、まさに、”実戦用”のチャートになっています。

〇DMM FX プレミア・チャート

dmm_premia

DMMFXの中でも最もハイエンド向けのチャートとなるプレミア・チャート。

29種類のテクニカル指標の他、為替以外の株式や先物などとも比較が可能な高機能チャートで、こだわり派のチャーティストには打ってつけのチャートになっています。

ただ、サポートされているブラウザがInternetExplorer9 , 10 , 11、MozillaFirefox3以上、Safari3以上(Macのみ)となっている他、かなり描画能力を要求されますので、スペックの高いパソコンをお使いでないと、サクサク使うことはできないないところが注意点となります。

〇まとめ

DMMFXのチャートは、それぞれが明確に区分されたチャートを数で用意していますので、こちらもFX初心者から上級者までおすすめの会社になります。

>>公式サイトへ進む「DMM FX

SBI FX トレード

10,000通貨単位での取引が一般的となっているFXですが、驚きの「1単位」から取引できるFX会社として有名な「SBI FX TRADE

SBI FXトレードの「チャート」内容
ブラウザなどの対応状況リッチクライアント版取引ソフト : Internet Explorer8.0以上(WindowsVista/7/8)
ブラウザ : Internet Explorer8.0以上(WindowsVista/7/8)
スマートフォン用 : Android-OS 4.0以降/iOS 7以降
軽さスマートフォン用アプリはチャート表示・注文・ニュース閲覧などはサクサクできる
見やすさ薄いグレー・ブルーベース基調でスッキリ見やすい
使いやすさシンプルで分かりやすい操作性、iphoneでもandroidでも使いやすさ抜群
機能性分割表示機能、音声読み上げ機能など
利用料無料
対象者FX初心者から中級者まで幅広く対応

そんなSBI FXトレードですが、PCのチャートはお世辞にも実用的とは言えませんが・・・、スマートフォン・タブレット向けのアプリのチャートについては、「軽い・見やすい・使いやすい」の3拍子が揃った素晴らしい出来栄えになっています。

sbi_sp_chart

特に、動作のサクサク感や、チャート表示のスピード感、注文を出した時のレスポンスなど、「早さ」はかなり優秀で、SBI FXトレードはデイトレーダーやスキャルピングを中心とした短期トレーダーでも十分、メイン口座として選択できる仕様になっています。

また、SBI FXトレードは手数料やコストも業界トップクラスの安さでありながら、取引できる通貨の種類が多いという特徴もありまして、例えば、トルコリラや韓国ウォン、人民元などのチャートを確認したいという方など、マイナー通貨のチャートを確認することができるのも魅力の一つと言えるでしょう。

>>公式サイトへ進む「SBI FX TRADE

セントルイス連邦準備銀行の超長期チャート

ここまではFX会社が提供しているチャートについて説明してきましたが、ここからは、他ではあまり見られない独自のチャートを提供しているウェブサイトについて紹介していきたいと思います。

まず、最初に紹介するのは、他ではあまり見ることができない、「超長期の為替チャート」です。

提供しているサイトは、アメリカ国内で最大データベースのひとつであるセントルイス連邦準備銀行になりまして、「超長期の為替チャート」を含め、膨大な量の各種統計資料を見ることができます。

例えば下はドル円の超長期チャートですが、なんと1971年からのチャートを確認することができます。

usd_se_louis

出典/セントルイス連銀-Japan / U.S. Foreign Exchange Rate-

また、ユーロはもちろん、ユーロの前身であるドイツのマルクも確認することができたりします。

mark

出典/セントルイス連銀-Germany / U.S. Foreign Exchange Rate-

その他にも、世界経済に大きな影響を与えるアメリカのFFレートは1954年から遡ることができたりします。

us_ffrate

出典/セントルイス連銀-Effective Federal Funds Rate-

長期に渡って、チャートを分析して独自の戦略を作りたいという方や、例えば、過去の選挙やオリンピック、金利引き上げ・引き下げ局面で、為替がどんな動きをしてきたかを確認したいという方には、強力におすすめのサイトになります。

ただ、注意する点としましては、英語でしか見ることができませんので、検索機能などを利用するときは英語で検索を掛ける必要があります。

>>Federal Reserve Bank of St. Louisを見てみる

stockcharts.com

続いてご紹介するのは、株、債券、コモディティ、為替など代表的な指数のチャートを簡単に見ることができる、その名も「ストックチャート」というサイトになります。

stockcharts.comはかなり歴史のあるサイトで、有料会員になると、その膨大なデータを使って、日本のFX会社ではあまりお目にかからないテクニカル・ツールで分析することができるのが特徴ですが、無料プランでも直近のデータについては、ほぼすべての指数を見ることができます。

そして、特に筆者が、stockcharts.comのチャートの中でもおすすめするのが、下記のような、通貨チャートになりまして、例えば、ドルや円などのインデックス・チャートを無料で確認することができます。

〇米ドルETFのチャート

stock_dollar

データ出所/US Dollar ETF StockCharts.com

〇日本円のフィラデルフィアインデックス・チャート

yen_stock

データ出所/Japanese Yen StockCharts.com

上記のようなチャートは、FX会社が提供しているチャートでは、まずお目にかかることができませんので、色々な角度から、通貨の動向をチェックしたいという方には、おすすめのチャート・サイトになります。

>>stockcharts.comを見てみる

まとめ

FXで実用的なチャートを提供している会社やサイトをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の記事が読者のトレードのお役に少しでもお役に立てれば、幸いです!

最後までお付き合いありがとうございました。

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2018年4月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ