トップページ > FX初心者向けの注文方法 > FX初心者は失敗を避けるために収益状況を頻繁にチェックしない

FX初心者は失敗を避けるために収益状況を頻繁にチェックしない

FXをはじめると、自分が作ったポジションが利益を出しているのか、あるいは、損失を出してしまっているのかということが、どうしても気になるという人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、FX初心者がトレードでの失敗を避けるためには、収益状況を頻繁にチェックしないということが最も肝心なことの一つです。

「短期売買で頻繁にチェックしないと、まずくない?」

こんな風に考える方もいるかもしれません。

しかし、FX初心者が収益状況を頻繁にチェックしてしまうために、かえって、それが失敗につながる可能性があるとすると、どうでしょうか?

今回は、FX初心者がトレードで失敗しないために、なぜ、収益状況を頻繁にチェックしない方がいいのかということを説明していきたいと思います。

FXの含み損と含み益が与える心理的影響

FXは平日はほぼ24時間、相場が動いていますので、ポジションを持った瞬間から、多かれ少なかれ、そのポジションが変動します。

そして、そのポジションを決済しない限りは、含み損か含み益が発生している状態です。

では、そんな含み損や含み益を抱えたトレーダーが、どんな心理状態になるかと言いますと、認知心理学では、下記の通りになります。

 内容
大きな含み益大きな利益が出た→利益を減らしたくない
小さな含み益まだ利益を伸ばせるかな・・・→でも、この利益を減らしたくない
大きな含み損大きな損失が出ている→損失を確定したくない
小さな含み損きっと損失を取り返せるはず→損失を確定したくない

これは、「損失効果」と呼ばれる考え方をベースにしたもので、人間には本能的に「損を避けたい」という心理が働きまして、例え、それがまだ実現していない「含み」であっても、心理状態に与える影響は決して少なくありません。

「損失効果」については、これまで様々な研究が行われてきておりまして、代表的なものとして知られているのは、同じ金額であっても、損失の方が人間の感情に与える影響が大きいというものになります。

例えば、FXのトレードで、100万円の利益を得たときの感情と、100万円の損失をしたときの感情では、圧倒的に後者の方が心理的に与える影響が大きいということになります。

実際に、FX初心者が陥りやすい失敗パターンとして、「利小損大」という言葉がありますが、人間が持つ「損を避けたい」という本能を考慮しますと、「利小損大」は極めて人間らしい行動の結果ということになります。

なぜ、「利小損大」が人間らしいのかということを見てみましょう。

 内容
利益を失いたくない利益確定は早めに
損失を確定したくない損切が遅めに

FX初心者は、自分が抱えたポジションで含み益を目の前にすると、「利益が出てる!この先、下がるかもしれないし、この利益を確定してしまおう」という心理が働きやすくなり、一方、含み損を前にすると、「損が出てる・・。でも、また戻すかもしれないし・・もう少し様子を見てみよう」という心理が働きやすくなります。

こうした心理が働くため、トレード成績は、利益確定をついつい早めに、そして、損失についてには、ズルズルと引っ張ってしまい、損を拡大させてしまうということになってしまいます。

FXで含み損と含み益からの心理的影響を抑える方法

では、そうした人間が本来抱えている含み損や含み益に対する「損失」への心理的影響を緩和するには、どうすればいいのでしょうか?

それが、今回のテーマでもある「収益状況を頻繁にチェックしない」という方法です。

ただ、収益状況を頻繁にチェックしないということは、利益や損失に対して目を向けないということでは、決してありません。

実際に、為替相場では、利益確定ラインや損切ラインを設定せずに、ポジションを放置しておくと、突発的な相場の変動に巻き込まれて、思いもよらない変動を受けたりすることも少なくありません。

筆者自身、FXを始めた頃、何の設定もせずにポジションを抱えたまま旅行に出て、旅行期間中に相場の大変動があり、大きな損失を被ってしまったことがありました・・・。

では、人間が根源的に持つ「損失効果」から逃れるためには、損切ラインや利益確定ラインの設定を行うためには、どうすればいいのでしょうか?

これにつきましては、非常に難しい問題です。

なぜなら、利益確定ラインや損切ラインの設定は、トレードする人のトレードスタイルによって、変わってくるからです。

例えば、デイトレードやスキャルピングトレードのような短期売買がメインの人は、利益確定ラインや損切ラインの設定はテクニカル分析などが中心に、また、中長期のトレードがメインの人は、ファンダメンタルズ分析を基にした利益確定ラインや損切ラインを設定するといった感じです。

自分のトレードスタイルを見極める方法や利益確定タイミングや損失ラインの設定について、詳しく知りたいという方は、下記の記事も参考にして頂ければと思います。

参考/FX初心者は指値注文と逆指値注文の違いを理解して「損切り」に慣れる
参考/FX初心者は利益確定のタイミングこそ命であることを知ろう
参考/FXで自分のトレードスタイルを見極める方法

まとめ

「FX初心者は失敗を避けるために収益状況を頻繁にチェックしない」と題してお送りしていきましたが、いかがでしたでしょうか。

FXをはじめて10年以上経過している筆者自身、今でも、ときどき少額の裁量トレードでFXを”楽しむ”ときがあるのですが、実は収益状況を度々チェックして、”下手な”トレードをしてしまうことが、少なくありません。

今回の記事が、これからFXをはじめたい、あるいは、まだ初心者でという読者の方のお役にたてれば、幸いです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2020年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ