トップページ > FXにおけるスワップポイントのまとめ > くりっく365と店頭FX業者のスワップ金利の違いについて

くりっく365と店頭FX業者のスワップ金利の違いについて

FXの魅力の一つである「スワップ金利」ですが、FX業者によって、その受け取り額や支払い額は異なってきます。

スワップ金利をメインに考えてトレードしている人にとっては、スワップポイントが「わずか1円」変わるだけでも大きな影響を受けることがありますので、業者間の違いなどをよく理解しておきたいところです。

そこで、今回はくりっく365と店頭FX業者によるスワップ金利の違いなどについて、詳しく説明していきたいと思います。

早速、見ていきましょう。

「くりっく365」では、どこのFX会社を使ってもスワップ金利は同じ

ご存知のない方に、簡単に説明させていただきますと、くりっく365とは、東京金融取引所が市場を開設・運営しているFXのことを指しておりまして、くりっく365の特徴としては、どの会社のくりっく365口座を利用しても、スワップ金利が同じという点が挙げられます。

365

上記のイメージにあります通り、例えば、くりっく365の取り扱い会社であるGMOクリック証券【くりっく365】インヴァスト証券などの会社を通じて、くりっく365口座でスワップ金利を受け取るのであれば、どの会社でも受け取ることができるスワップ金利は同じということになります。

また、取引所FXのスワップに関しては、もう1点、大きな特徴がありまして、それが「一本値」と呼ばれるもので、受け取るスワップ金利と支払スワップ金利が同じという点になります。

スワップポイントは一本値
「くりっく365」では、このスワップポイントを、受取側と支払側とで同額(一本値)に設定しています。

「くりっく365」では、金融取も取扱会社もスワップポイントから利益を得ておらず、「くりっく365」の上場当初から、一本値という形で投資家サービスを図っています。

参考/くりっく365-スワップポイントは一本値-

これは、上記の説明にもあります通り、くりっく365では、東京金融取引所も取扱会社もスワップ金利から利益を得ていないことから、こうした仕組みが導入されています。

では、続いて店頭FXのスワップ金利について見ていきましょう。

店頭FXでは、スワップ金利は各社ごとに違い有り

くりっく365では、受け取りと支払いのスワップ金利が横並びということを説明いたしましが、店頭FXでは、各社、受け取り、支払いのスワップ金利が異なります。

具体的に見ていきましょう。

下記はみんなのFXのある一日のスワップ金利です。

minnanofx

ご覧いただきました通り、スワップ金利が通貨ペアによって、2社間でかなり違いがあることがお分かり頂けるかと思います。

これは、店頭FXの会社が顧客からの注文を引き渡すときに、スワップ金利の一部をそれぞれの会社で利益としているために、こうしたことが起こっています。

ただ、店頭FX各社が、スワップ金利の一部を利益とすることは決して、顧客にとってはマイナスになるとは限らず、むしろ、競争が自由化されているために、通貨ペアによっては、顧客のために、かなりお得なスワップ金利を設定しているFX業者もありますので、メリットになっているというのが現状です。

参考/スワップポイントが多いFX会社ランキング

店頭FXの中にも、一本値を採用しているFX業者も

店頭FXの会社では、スワップ金利を自由に設定できるため、通常、受け取り金利と支払い金利が異なることがほとんどですが、中には、スワップ金利で利益を取らないという顧客重視の姿勢を打ち出している店頭FX業者もあります。

その代表的なFX業者の1社がDMM FXになります。

dmm

上記画面は、DMM FXの取引画面ですが、受け取りスワップ金利と支払いスワップ金利が同じになっていることがお分かり頂けるかと思います。

店頭FXでこうした顧客重視の姿勢を打ち出している会社はほとんどありませんので、かなり貴重な存在と言えるかも知れません。

受け取ったスワップ金利の出金に関する条件の違いについて

ここまで、取引所FXと店頭FXの違いを見てきましたが、受け取ったスワップ金利の”引き出し”についても触れておきたいと思います。

実は、取引所FX=くりっく365口座によるFXと店頭FXでの受け取ったスワップ金利については、その出金条件が異なります。

まず、取引所FXについてご覧ください。

くりっく365取引において、建玉を決済しないまま累積したスワップポイントを出金することは可能ですか?
くりっく365取引では、建玉を決済し、受渡日を迎えたスワップポイントのみ、出金指示が可能となります。
建玉を保有したままで、スワップポイントのみをを出金することはできません。

参考/GMOクリック証券 -365FX よくあるご質問-

ご覧頂きました通り、くりっく365口座でのスワップ金利の受け取りについては、そのポジションを決済しない限りは、受け取ったスワップ金利を出金することができません。

一方、店頭FXの出金条件についてご覧ください。

ポジションを決済せずにスワップポイントだけを受け取ることができますか?
PC版取引ツールの「スワップ振替」にて、未決済ポジションにおけるスワップポイントを受け取ることが可能です。

参考/DMMFX -スワップポイント よくあるご質問-

つまり、店頭FXの場合は、ポジションが含み損であれ、含み利益の状態であれ、建てたポジションそのものは決済しなくても、一度、口座に入金されたスワップ金利は、いつでも出金が可能ということになります。(なお、店頭FXの一部の業者にも、ポジションを決済しないままスワップ金利のみの出金は不可としている会社もあります。)

毎月ではなくとも、スワップ金利をお小遣いや生活費の一部に充当しようと考えている人にとっては、この出金条件の違いは、かなり重要なポイントになるかと思いますので、十分、注意しておきたいところです。

まとめ

「くりっく365と店頭FX業者のスワップ金利の違いについて」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

スワップ金利を目的とした取引を考えている人向けに、取引所FXと店頭FXの違いの中でも、特に重要なポイントに焦点をあてて説明させて頂きました。

読者の方のお役に立てれば、幸いです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2020年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ