トップページ > ユーロ > ユーロドルを月別で20年間分析!ユーロ高・ユーロ安の回数・変動幅・最大変動幅のまとめ(1997-2016年)

ユーロドルを月別で20年間分析!ユーロ高・ユーロ安の回数・変動幅・最大変動幅のまとめ(1997-2016年)

ユーロドルが1年間のうち、最も大きく動きやすい1ヶ月って何月?

ユーロドルが過去20年間で、最も動いた1ヶ月って?

ユーロドルがユーロ高に動きやすい月、ユーロ安に動きやすい月ってあるの?

FXでユーロ・ドルをトレードしている人の中には、こんな風に「月単位」での動きに興味のある人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はユーロドルが過去20年間、月単位でどんな値動きをしてきたのかということを見ていきたいと思います。

早速、見ていきましょう。

1997年-2016年の20年間でユーロ・ドルが最も大きく動きやすいのは「1月」

下記は、1997年から2016年の月足チャートになります。

eruusd19972017

データ出所/GMOクリック証券

そして、上記のチャートをもとに、1月から12月の月単位の高値と安値を取り出し、さらに、その20年平均を割り出してみたのが、下記の表になります。

1997~2016年のユーロドル相場平均変動幅平均変動率
1月0.06295.14%
2月0.05064.16%
3月0.05044.2%
4月0.04663.9%
5月0.05974.9%
6月0.04313.63%
7月0.05344.5%
8月0.04904.1%
9月0.06054.9%
10月0.05544.5%
11月0.05474.5%
12月0.05854.7%

ご覧いただきますと、お分かりの通り、平均値幅、平均変動率ともにトップは「1月」になりまして、そしてその後には、「5月」や「9月」、「12月」といった月が続いています。

「1月」と言えば、鋭い方はお察しの通り、欧米勢の多くの企業が新年度入りの月で、かなり欧米勢からの売買が持ち込まれることが予想され、そうした影響が出ているものと考えられます。

また、中間決算前の「5月」、第3クォーターの最後の「9月」といった1年の中の節目の月で変動幅や変動率が上昇傾向にあるのも、同じように実需勢をはじめ、様々な思惑を抱えた市場参加者が取引を活発化させることにより、値動きが大きくなっているものと考えられます。

ボラティリティが上がるという意味では、年末年始の12月と1月、そして第2クォーター、第3クォーターの前後は、大きなチャンスと言えそうです。

1997年-2016年の20年間でユーロドルが最も大きく動いたのは2008年12月

では、続いては、ユーロドルが1997-2016年の20年間のうち、最も大きく変動した年を月単位で見てみましょう。

1997~2016年のユーロドル相場最も値動きが大きかたっときの値動き(高値と安値)最も値動きが大きかたっときの変動率(高値と安値)
1月1.40410→1.27630(ユーロ安/2009年)9.2%
2月1.00610→1.09360(ユーロ高/2003年)8.1%
3月1.24560→1.37380(ユーロ高/2009年)9.4%
4月0.97500→0.90270(ユーロ安/2000年)7.5%
5月1.33329→1.21433(ユーロ安/2010年)9%
6月0.92980→0.99900(ユーロ高/2002年)7%
7月1.24590→1.119930(ユーロ安/2004年)10.2%
8月1.08478→1.17138(ユーロ高/2015年)7.4%
9月1.17370→1.07600(ユーロ安/2003年)8.4%
10月1.41740→1.23290(ユーロ安/2008年)13.1%
11月1.42813→1.29681(ユーロ安/2010年)9.2%
12月1.25490→1.47170(ユーロ高/2008年)14.8%

ご覧いただきました通り、過去20年のユーロドルの動きの中で、最も大きく動いたのは、あの有名な「リーマンショック」が起こった2008年10月の2ヶ月後の「12月」で、値幅にして1ヶ月で「0.2168」、変動幅で「14.8%」という激しい値動きとなっています。

2008年10月のリーマンショックで「13.1%」ものユーロ安を演じたばかりで、まだ市場が大混乱の中、起こった「14.8%」の”全戻し”ユーロ高は、まさに歴史的な乱高下相場と言える相場で、当時の相場に対峙していた筆者は、あまりの値動きの目まぐるしさとその大きさを前に、「怖すぎて・・・ポジションが作れない・・」という状態だったのを憶えています。

その他で気になるところとしましては、四半期ベースで「10月~12月」の3ヶ月の値動きの大きさが際立っているところでしょうか。

さらに、第3クォーターから年末年始にかけて、大きな値動きに発展するケースは、ほとんどの場合、「ユーロ安」であるということも注目ポイントと言えるかも知れません。

第3クォーターから年末年始にかけて、リスク回避的なドル高ユーロ安が起きるときは、かなりのスピードと爆発力があるということを頭に入れておきたいところです。

また、見方を変えますと、ユーロドルのトレードで大きな値動きを”モノ”にするためには、ドル買いユーロ売りのポジションを狙う方が確率が高いということが言えるかと思います。

1年間でユーロドルが最もユーロ安に動きやすいの「1月」、ユーロ高に動きやすいのは・・

では、続いてご覧いただくのは、1年の中で、どの月がユーロ高になりやすいのか、ユーロ安になりやすいのかというデータになります。

集計方法は至ってシンプルな方法で、過去20年のユーロドルの月単位での始値と終値を取り出して、その月がユーロ高だったのか、あるいはユーロ安だったのかを計測して、その累計回数をカウントしてみるというものになります。

そして、それをまとめたものが、下記の表になります。

1997~2016年のユーロドル相場ユーロ安ユーロ高
1月14回6回
2月9回11回
3月9回11回
4月9回11回
5月13回7回
6月9回11回
7月11回9回
8月11回9回
9月8回12回
10月9回11回
11月11回9回
12月9回11回

まず、過去20年間で、最も月単位でユーロ安で終わることが多かったのが「1月」でした。

「1月」は先ほどご紹介した平均変動幅・平均変動率でも12ヶ月の中でトップで、また、20年中14年という高確率でユーロ安が起こっているというのは、かなり注目に値するポイントと言えるのではないでしょうか。

推測に過ぎませんが、先ほど説明した欧米勢の新年度入りによる「ドル買い需要」がかなり潜在的に強く影響していることを示唆している可能性があります。

また、同じく平均変動幅・平均変動率で上位にランクインしていた「5月」もここ20年間、ユーロ安に傾くことが多かったという事実も、”実需勢”などによるドル買い需要の強さを感じさせてくれます。

一方、ユーロ高の方ですが、こちらは9月が回数的にやや多い結果となっていますが、それ以外には回数的には、特筆すべき点は見当たりません。

トレード面では、ユーロ高についての、ここ20年間のデータに関しては、それほど価値のあるデータとは言えないかもしれません。

まとめ

「ユーロドルを月別で20年間分析!ユーロ高・ユーロ安の回数・変動幅・最大変動幅のまとめ(1997-2016年)」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の考察が、少しでも読者の方のトレードのヒントになれば幸いです。

それぞれの月のデータをもっと詳しく知りたいという方は、月別の動向をまとめて記事をご用意しておりますので、そちらを参考にしていただければと思います。

参考/ユーロドルの1月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの2月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの3月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの4月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの5月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの6月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの7月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの8月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの9月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの10月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2015年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの11月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2015年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの12月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2015年までの変動幅・変動率のまとめ

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2020年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ