トップページ > FXの基礎知識・特徴を知ろう! > ユーロドルの6月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

ユーロドルの6月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

欧米勢の多くの企業にとって中間決算にあたる「6月相場」

今回は、そんな6月相場の実態を探るべく、1997年から2016年までの「6月」のユーロドル相場が、どんな値動きをしてきたのかを実際のデータをもとに検証してみました。

早速、見ていきましょう。

1997年~2016年における6月のユーロドル相場

まず、最初にご覧いただくのは、1997年から2016年までの6月のユーロドル相場がユーロ高、ユーロ安のどちらに動くことが多かったかを単純にカウントしてみた表になります。

1997年から2016年の月足チャートは下記の通りです。

eurusd19972016

データ出所/GMOクリック証券

そして、上記のチャートから毎年6月の始値と終値を抽出して、その結果がユーロ高だったのか、ユーロ安だったのかを時系列でまとめたものが下記の表になります。

6月のユーロドル相場レート(始値⇒終値)結果
19971.13350⇒1.12620ユーロ安
19981.10450⇒1.09470ユーロ安
19991.04260⇒1.03520ユーロ安
20000.93690⇒0.95230ユーロ高
20010.84460⇒0.84660ユーロ高
20020.93200⇒0.99080ユーロ高
20031.17130⇒1.15040ユーロ安
20041.21840⇒1.21990ユーロ高
20051.23020⇒1.21030ユーロ安
20061.28060⇒1.27860ユーロ安
20071.34520⇒1.35400ユーロ高
20081.55580⇒1.57540ユーロ高
20091.41310⇒1.40310ユーロ安
20101.23048⇒1.22364ユーロ安
20111.43955⇒1.45010ユーロ高
20121.23642⇒1.26635ユーロ高
20131.29890⇒1.30098ユーロ高
20141.36320⇒1.36917ユーロ高
20151.09791⇒1.11471ユーロ高
20161.11305⇒1.11049ユーロ安

こうして並べてみますと、幾つか興味深い傾向があることが分かります。

まず、目を引くのが2010年から2016年までの7年間のうち、5年が陽線、つまりユーロ高で終わっているという点です。

2010年から2016年と言えば、欧州の財政危機(ギリシャ、スペイン、ポルトガル、イタリアなどの国債が暴落)がマーケットを大混乱に陥れた時期で、また、ECBが積極的に金融緩和を行う一方、アメリカが金融緩和から金融引き締めに動いた時期でもありました。

材料的には、ドル高ユーロ安が極めて多い7年間であったことを考えますと、この期間に、これほどユーロ高に終わっているというのは、特筆すべき点と言えるでしょう。

さらに、ユーロ安になった2010年と2016年も、その中身を見ると、それぞれ「1.23048⇒1.22364」、「1.11305⇒1.11049」といった値幅に留まっておりまして、リスクリターンで考えますと、かなりユーロ買い圧力が強い7年間だったということが分かります。

また、2007年から2009年にかけても、アメリカでの金融危機があったにも関わらず、3年のうち2年はユーロ高に終わっていまして、市況の雰囲気を考えますと(一般的にはリスク回避時はドル買いが起こりやすい)、かなりのユーロ高圧力があったと言えます。

ただ、1997年から2006年の10年間については、高安まちまちという状況になっておりまして、ユーロ高圧力の強さはそれほど感じられません。

そして、ここ20年の6月のユーロドル相場のユーロ高、ユーロ安の回数をまとめた表は下記の通りです。

6月のユーロドル相場ユーロ安に終わった回数ユーロ高に終わった回数
1997-20169回11回

2010年代に入ってからのユーロ高が続いた影響もあって、1997年から2016年の20年間については、回数としては、ややユーロ高が優勢といった結果に終わっています。

では、続いて、その中身について、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

1997年~2016年における6月のユーロドル相場の変動幅と変動率

それでは、今度はユーロドルの6月相場がどのくらいの変動が起こっているのか、つまり、ボラティリティがどれくらいなのかということを検証していきたいと思います。

その検証を行うために、上記のチャートから、各年の高値と安値を抽出してまとめた表が下記になります。

6月のユーロドル相場高値安値
1997年1.143001.11900
1998年1.117601.08610
1999年1.055801.02540
2000年0.970100.92810
2001年0.867300.84080
2002年0.999000.92980
2003年1.193101.13950
2004年1.234901.19650
2005年1.234801.19830
2006年1.297701.24790
2007年1.355401.32630
2008年1.584201.53030
2009年1.433701.37480
2010年1.246641.18759
2011年1.469571.40731
2012年1.274751.22881
2013年1.341551.29554
2014年1.369731.35029
2015年1.143621.08870
2016年1.142781.11049

ご覧いただくとお分かりの通り、1ヶ月の間に、かなり大きな値動きをしている月が複数存在しまして、例えば、NYでの同時多発テロ後のドル安の流れを受けた2002年の6月には、安値0.92980から高値0.99900まで、1ヶ月の間に「7%」の”ユーロ高”が起こっています。

また、アメリカがそれまで続いていたドル高に対してけん制発言をしはじめた2015年の6月には、安値1.08870から高値1.14362まで、1ヶ月の間に「4.9%」の”ユーロ高”が起こっています。

そして、それらを含めて、ユーロドルの各年の6月相場の変動幅と変動率をまとめた表が下記になります。

6月のユーロドル相場変動幅変動率
1997年0.0242.1%
1998年0.03152.9%
1999年0.03042.9%
2000年0.0424.4%
2001年0.02653.1%
2002年0.06927%
2003年0.05364.5%
2004年0.03843.2%
2005年0.03653%
2006年0.04983.9%
2007年0.02912.2%
2008年0.05393.5%
2009年0.05894.2%
2010年0.05904.8%
2011年0.06224.3%
2012年0.04593.7%
2013年0.04603.5%
2014年0.01941.5%
2015年0.05494.9%
2016年0.03222.9%
平均0.04313.63%

平均変動幅と平均変動率はそれぞれ「0.0431」と「3.63%」となっておりまして、1997年から2016年のユーロドル相場の1月の平均変動幅「0.0629」、平均変動率「5.14%」と比べると、値動きそのものは大人しい1ヶ月となっています。

参考/ユーロドルの1月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの2月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの3月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの4月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの5月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの6月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの7月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの8月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの9月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2016年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの10月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2015年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの11月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2015年までの変動幅・変動率のまとめ

参考/ユーロドルの12月相場はユーロ高?ユーロ安?1997年から2015年までの変動幅・変動率のまとめ

1997年~2016年の6月相場の値動きから考えるユーロドルのトレード戦略

ここまで過去約20年の6月のユーロドル相場の動向をご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか。

これまでの傾向に過ぎないという前提はありますが、ユーロドルの6月相場は、足元の10年間については、かなりユーロ高の圧力が強い傾向となっています。

もし、この傾向が今後も継続するのであれば、6月はとにもかくにもユーロ買いのトレードを仕掛けるのが、リスクリターンで考えても、有利と言えそうです。

ただ、2006年以前は、ユーロ高のアノマリーはそれほど強く見られませんので、現在のアノマリーがいつ終わってもいいように、ストップロスだけはしっかりと置いておきたいところです。

また、ボラティリティについては、6月はかなり低い1ヶ月になっていますが、稀に大きく動いたりすることがありますので、マーケットの状況を注視しながら、ポジションサイズを調整するのが得策と言えるでしょう。

本記事が、FXでトレードをしている人や、これからトレードをしようと考えている人の参考になれば、幸いです。

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました!

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2020年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ