トップページ > FXを株・ETF・外貨預金などと比較 > FXと外貨預金の違いを徹底比較!どっちがメリットあるの?

FXと外貨預金の違いを徹底比較!どっちがメリットあるの?

FXと外貨預金は、同じ外貨を取り扱っているサービスですが、初心者にとってみると、どっちにメリットがあるの?ということは、分かりにくかったりします。

そこで、今回は編集部がFXと外貨預金の違いを徹底比較。

FXと外貨預金は、どっちにメリットがあり、またどのようなデメリットが存在するのかということを詳しく説明したいと思います。

FXと外貨預金は全くの別物

FXと外貨預金は、外貨を取り扱っているサービスという意味では、比較されますが、その内容は全くの別物といって言いほど内容は異なります。

編集部で、違いを一覧にまとめましたので、下記の表をご覧ください。

 FX外貨預金
取引先の金融機関FX会社または証券会社銀行
取引方法外貨の売り注文も買い注文の両方可能外貨の買い注文のみ
取引レートリアルタイムのレートで取引が可能1日1回変更(銀行が指定したレートでの取引)
取引手数料(スプレッド含む)0.27銭~片道1円~
取引時間24時間/土日以外は祝日でも取引可能銀行の営業時間のみ
取引期限期限の定めなし外貨定期預金は満期あり
為替変動による利益円高・円安のどちらでも利益を出すことが可能買ったプライスよりも円安に動いた場合
金利収入1日単位で収入を得ることが可能原則、満期時または解約時
資金効率個人の場合最大25倍のレバレッジ運用可能レバレッジ運用不可
取り扱い通貨主要通貨から高金利通貨まで幅広い主要通貨のみ
リスク為替変動による損失リスク及びレバレッジ為替変動による損失リスク
リスク管理損失管理が可能短期的な大変動があっても損失管理ができない
資金の安全性全額または一部信託保全が義務付け預金保護制度の対象外

それぞれについて、順番に見ていきたいと思います。

取引先となる金融機関

外貨預金では、取引先となるのは主に都市銀行や地方銀行などの銀行に限られますが、FXの場合はDMM FXGMOクリック証券といったFX会社やあるいはFXも含めて、株式なども取引できる証券会社が取引先になります。

また、証券会社の中には、外貨預金とFXの両方のサービスを提供している会社もあります。

どちらが人気が高いの?ということですが、DMM FXGMOクリック証券は世界のFXの取引量で1,2位を争うまでに拡大しておりまして、FXの人気が急上昇中というのが現状です。

為替市場での取引方法

FXでは、外貨に対して売り注文と買い注文のどちらでも注文をすることができますが、外貨預金では外貨に対しては、買い注文しかできません。

外貨預金は、サービスの性質上、「外貨」を買って預金しておくというサービスになりますので、外貨を売るということそのものが外貨預金ではなくなってしまいますので、買い注文のみということになります。

また、FXでは外貨同士の組み合わせであるユーロ/米ドルといった通貨に対しても、売り注文と買い注文の両方を出すことができたりします。

取引できる為替レート

FXではリアルタイムでの為替レートで取引できるのに対して、外貨預金では銀行が指定した為替レートでの取引しかできません。

FXでは、例えば、夜にヨーロッパやアメリカで重大な経済発表が予定されていて、為替レートが大きく変動することが予想される場合は、その大きな変動を確認した後に、リアルタイムで取引をするといったことも可能になります。

一方、外貨預金の場合は、仮にリアルタイムのレートと乖離があっても、銀行の営業時間中に提示されたレートでしか取引ができません。

取引手数料(スプレッド含む)

FXでは、為替の取引手数料はほとんどの会社が無料となっていまして、その代わりにスプレッドと呼ばれる買値と売値の差額を支払う必要があります。

ただ、このスプレッドは外貨預金に比べると極めて安いコストに抑えられています。

FXでは、1LOT=10,000通貨の取引単位が基本となりまして、例えば、DMM FXでは米ドル/円のスプレッド0.3銭という非常に低いコストで取引することが可能になっています。

spred

一方、外貨預金の場合は、米/ドルを取引するのに片道、つまり、買い注文を出すだけで1円近くのコストがかかります。

上の例で比較しますと、FXの場合は、122万円近くの取引をして、その取引コストが30円程度で約0.025%となっていますが、外貨預金の場合は、122万円の買い注文だけで1%近くの取引コストがかかりますので、FXのコストがいかに低いかということがお分かり頂けるかと思います。

ちなみにFXの取引コストは、株式や商品などの他の金融取引と比べても、群を抜いて安くなっています。

取引できる時間

FXでは、土日を除く平日は祝日であっても取引が可能になっている一方、外貨預金の場合は、銀行が空いている時間しか取引することができません。

FXは日本が平日が祝日であっても取引できるという意味では、株式取引などと比べてもメリットが大きいと言えるでしょう。

取引の期限

外貨預金では、保有した外貨もいつかは満期を迎えて、取引を終了する必要がありますが、FXの場合は、本人が取引するのをやめなければ、ずっとポジションを抱えたままでも問題ありません。

また、シティバンクなどの外国の銀行の日本支店で外貨預金サービスを利用すると、金額によっては口座管理手数料などと称して、手数料が引かれることがありますが、FXでは、ポジションを持っていることでかかる手数料なども、必要ありません。

為替変動による利益

外貨預金では、外貨を買い注文でしか保有することができませんので、為替変動による利益は、円安にならない限り発生しません。

一方で、FXでは、買い注文、売り注文のどちらでも出すことができますので、為替変動の利益は、どんな局面でも狙うことができます。

金利収入を受け取るタイミング

FXではスワップ金利と呼ばれる金利収入を1日単位で受け取ることができますが、外貨預金の場合は、満期のときか、あるいは解約したときしか金利収入を受け取ることができません。

下記は、高金利通貨として知られる南アフリカランドでのスワップ金利の受け取りシュミレーションですが、300万円の元手で毎月、39,000円の金利収入を受け取ることができたりします。

 南アフリカランド/円
運用資金300万円
レバレッジ3倍
買付レート9円
保有通貨数1,000,000通貨
1日あたりのスワップ額+1,300円
1ヶ月あたりスワップ額+39,000円

運用資金の効率性

上の表でも出てきますが、FXでは、個人の場合は最大で25倍のレバレッジをかけて取引することが可能になっておりまして、少ない元手でも大きな取引をすることができます。

例えば、運用資金が10万円で、レバレッジを10倍にすれば、米ドル/円100万円分のポジションを作ることが可能になります。

re01

一方、外貨預金の場合は、レバレッジをかけることができません。

ちなみに、FXでレバレッジ1倍で運用すれば、それは、資金効率という意味では、外貨預金と同じになります。

取引できる通貨

外貨預金では、ほとんどの銀行で、米ドルやユーロ、豪ドルといったメジャーな通貨が中心ですが、FXの場合は、新興国通貨からヨーロッパのマイナー通貨まで非常に幅広い通貨で運用が可能になっています。

FXでは、高い金利を受け取ることができるトルコリラや南アフリカのランドなどといった通貨の取引に加えて、外国通貨同士のポジションも保有することができます。

例えば、日本の金利が上昇しても、金利が安い通貨と金利が高い通貨の通貨ペアを保有することで、その通貨ペアから金利収入を受け取ることが可能になっています。

取引に関するリスク

為替変動によるリスクについては、FXでも外貨預金でも同様の損失リスクがあります。

ただ、FXの場合は、レバレッジをかけることができますので、その分、損失リスクも高くなります。

例えば、運用資金50万円で米ドル/円=100円のレートのときにレバレッジ10倍で保有したところ、1円円高になってしまった場合は、損失も10倍の5万円になります。

re04

取引におけるリスク管理について

外貨預金では、一旦、銀行に預けると解約まではそのポジションは抱えたままになりますので、途中、円高が進んでも解約しない間は、運用資産はどんどん損失を抱えてしまうことになります。

そして、そのまま満期を迎えてしまった場合は、外貨預金ではその損失が実現してしまうということになってしまいます。

一方、FXの場合は、リアルタイムで24時間いつでも取引ができますので、ここまで損が拡大したら、ポジションを閉じるといった風に、リスクを管理することができます。

例えば、FXでは逆指値注文と呼ばれる注文方法がありまして、ある水準まで来ると、そこでポジションを機械的に閉じるというもので、この方法で注文を入れておけば、自分が許容できる損失までに損失を抑えることができます。

gyakusasine

資金の安全性

外貨預金は銀行に預け入れた資産ということになりなして、そのお金はペイオフの対象となりますので、仮に銀行が破たんした場合、ペイオフの上限までしか資産は戻ってきません。

しかしFXの場合は、FX会社がお客さんから預かった資産を全額かそれに近い金額を信託銀行に預け入れることが義務付けられておりますので、万が一、FX会社が破たんしても運用資産は全額保証されます。

下はFX会社の大手の財務の健全性を表にしたものになります。

2017年6月時点自己資本規制比率信託銀行資本金上場/非上場
GMOクリック証券497.0%三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行43億円上場
DMM FX867.2%日証金信託銀行、SMBC信託銀行98億円非上場
マネーパートナーズ450.2%三井住友銀行、みずほ信託銀行31億円上場
外為どっとコム1,105.6%三井住友銀行7億7850万円上場
SBI FXトレード823.3%三井住友銀行4億8000万円上場
ヒロセ通商320.5%日証金信託銀行,SMBC信託銀行7億9066万円上場
YJFX!1,259.1%三井住友銀行、みずほ信託銀行4億9000万円上場

まとめ

「FXと外貨預金の違いを徹底比較!どっちがメリットあるの?」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

FXと外貨預金の違いがここまであると、冒頭で「全く別物」と説明させて頂いたことも納得していただけるのではないでしょうか。

外国為替市場で資産運用を行うのであれば、FXが圧倒的に有利という状況になっています。

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2019年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ