トップページ > FXにおけるレバレッジのまとめ > FXにおけるレバレッジの意味と効果を知ろう!

FXにおけるレバレッジの意味と効果を知ろう!

FXの最大の魅力の一つでもあり、リスクでもある「レバレッジ」

FXが日本でも大きく普及した背景には、様々な要因がありますが、その最も大きな理由の一つにレバレッジがあります。

FX初心者にとってみると、「レバレッジって聞いたことがあるような・・・ないような・・・どういう意味?」という感じかもしれません。

そこで、今回はFX初心者の方向けにレバレッジの意味とその効果について説明していきたいと思います。

FXにおけるレバレッジの意味

レバレッジ=leverageとは、経営などでも利用される経済用語でして、その本質的な意味は、少ない資金で大きな資金を動かすことができる方法のことを指しています。

レバレッジは「てこの原理」と言い換えられることも多く、小が大を動かすためには欠かせない存在で、具体的には、手持ちの資金が10万円しかなくても、100万円や200万円分の取引ができたりするというものになります。

実際の例で見てみましょう。

re01

今、米ドル/円のレートが1ドルあたり100円だったとします。

通常、FX会社の取引単位は10,000通貨が基本の単位になりますので、この場合、米ドル/円を1枚だけ取引するには、10,000通貨×100円で100万円の資金が必要になります。

しかし、手元の資金は10万円しかありません・・。

そこで、登場するのが「レバレッジ」になります。

現在の個人向けのFX口座では上限25倍までのレバレッジを利用できることになっておりますので、10万円の資金しかなくても、10倍のレバレッジをかけて、米ドル/円を1枚=100万円分の投資を行うことができるようになるのです!

つまり、FXにおけるレバレッジが意味していることは、元手の数倍から10倍といった資金を運用できるという強力な燃料のことを指しているというわけです。

なぜ、FXではレバレッジをかけることができるの?

実はレバレッジをかけることができるのはFXに限ったことではありません。

株式取引では信用取引、不動産を担保として数倍のローンを借りる不動産担保ローン、銀行が安い金利で預金を集めて、その預金残高の数倍規模の貸し出しを行うのも「レバレッジ」の成せる業です。

そういった取引と同じようにFXでも元手の15倍、25倍といった形で取引ができるという仕組みになっています。

では、誰がその資金を用意しているのでしょうか?

実は、誰も用意していないのです。

レバレッジはあくまで数字上の話で、実際の金額ではないので、誰も用意する必要がないのです。

10万円の運用資金でレバレッジ10倍で100万円分の通貨を保有していても、それは数字上の話であって、それを現金として引き出せるわけではないのです。

もし、現金として引き出す場合は、その通貨は手放して現金に換えないと引き出すことができません。

ということは、理論上はレバレッジはどれだけでもかけることができるのでしょうか?

その通りです。

先ほど、個人のFX口座の上限は25倍と法律で定められていることを説明させていただきましたが、海外のFX口座ではレバレッジ400倍での取引が可能だったり、国内でも法人向けのFX口座はレバレッジ100倍での取引が可能になっています。

個人向けのFX口座が25倍になっているのは、個人の投資リスクやFX会社の破たんリスクなどを考慮して定められているということになります。

FXにおけるレバレッジの効果とは?

では、続いて、FXにおけるレバレッジの効果について見ていきたいと思います。

FXにおけるレバレッジの効果は、何といってもその元手の10倍、20倍の規模での運用から得られる利益です。

re02

例えば、先ほどの米ドル/円が1ドルあたり100円のレートのときに、元手10万円の資金で、10,000通貨をレバレッジ10倍で1枚保有をした後、米ドル/円のレートが100円から101円になったとします。

この場合に得られる利益は1万円になります。

「10万円の資金でレバレッジ10倍で1万円の利益か・・・」

思ったより少ないなぁ・・・と感じる方もいるかもしれません。

では、運用資金を50万円に増やした場合を見てみましょう。

re03

50万円の資金で同じようにレバレッジを10倍かけたときに、1円のレートが動くと、その利益は5万円になります。

米ドル/円が1日で1円程度で動くというのは決して珍しいことではないので、50万円の資金でレバレッジ10倍でトレードをして上手くいけば、1日で5万円の利益を手にすることができるということになります。

1円動いて+1万円というと、それほど実感として大きなお金が動いた感じがしないですが、元手が50万円になった瞬間に+5万円になりますので、レバレッジの威力を実感していただけるのではないでしょうか。

仮に元手が100万円や200万円だとすると、1円動くと10万円、20万円のお金が動きますので、元手が大きくなればなるほどレバレッジの威力もそれに比例して大きくなっていきます。

FXにおけるレバレッジのリスクとは?

それだけのリターンが得られるFXのレバレッジですが、その反対であるリスクも当然あります。

それは損失にもレバレッジがかかるということです。

re04

例えば、先ほどの例でいきますと、運用資金50万円でレバレッジを10倍にして500万円分のポジションを保有していたときに、1円の円高が進んだ場合の損失はマイナス5万円になります。

運用資金50万円の10%の損失・・・となりますので、かなりリスクが高いと言えるでしょう。

レバレッジを高くするということは、まさにハイリスク・ハイリターンの戦略ということになります。

FXでレバレッジの効果を実感できるのはスワップ?

実は高いレバレッジでの取引は、大きな利益を手にすることができるという点では、短期のFXトレーダーにとっては魅力的ですが、FX初心者の方で中長期で運用したいという方には、損失も大きくなってしまうリスクも高くなることから、あまりおすすめできる方法ではありません。

なぜなら、高いレバレッジは中長期での運用の場合、資産の変動が激しすぎて、冷静にポジションを抱えることが難しくなってしまうからです。

では、FX初心者の方で中長期の運用ではレバレッジの効果は期待できないのでしょうか?

決してそんなことはありません。

むしろ、ある程度、運用資金が用意できる方であれば、低いレバレッジでその威力を享受することができます。

その秘密はスワップ金利にあります。

スワップ金利とは、通貨ペアの金利差から発生する金利収入のことを指していまして、例えば、日本の政策金利は長い間、歴史的な低金利のままですが、南アフリカのランドやトルコリラ、豪ドル、ニュージーランドドルなどは日本よりも、高い政策金利で運営されていますので、そうした外貨に投資を行うだけで金利差の分だけ金利収入を受けとることができるというものになります。

具体的にどんな運用になるのかを南アフリカのランド/円で見ていきましょう。

 南アフリカランド/円
史上最安値7.62円(2008年10月24日)
政策金利6.00%(2015年11月現在)
史上最高値29.47円(1996年)
直近のレート8.726円(2015年11月現在)
スワップ金利(10,000通貨あたり)13円(2015年11月現在)

南アフリカランド/円のデータは上記の通りとなっていまして、下記のデータをもとに、運用シュミレーションを行ってみたいと思います。

〇運用資産300万円でレバレッジ3倍の運用を行った場合

 南アフリカランド/円
運用資金300万円
レバレッジ3倍
買付レート9円
保有通貨数1,000,000通貨
1日あたりのスワップ額+1,300円
1ヶ月あたりスワップ額+39,000円

運用資産300万円を元手にレバレッジ3倍、つまり900万円分の資金を南アフリカランド円に投資を行った場合、値動きに関係なく、毎月39,000円の金利収入を受け取ることができます。

〇運用資産600万円でレバレッジ3倍の場合

 南アフリカランド/円
運用資金600万円
レバレッジ3倍
買付レート9円
保有通貨数2,000,000通貨
1日あたりのスワップ額+2,600円
1ヶ月あたりスワップ額+78,000円

運用資産600万円を元手にレバレッジ3倍、つまり1,800万円分の資金を南アフリカランド円に投資を行った場合、値動きに関係なく、毎月78,000円の金利収入を受け取ることができます。

レバレッジ1倍の外貨預金でも同じように金利収入を受け取ることが可能ですが、レバレッジが1倍ということは、金利収入もその分減ってしまうということになりますので、ある程度の運用資金がある方にしてみれば、低いレバレッジでの運用で値動きによるリスクを減らしながら、毎月かなりの金利収入を得ることが可能になっています。

〇スワップ運用の場合のリスク

もちろん、リスクがないわけではありまえん。

例えば、上の例でいきますと、ランド円を9円のときにレバレッジ3倍で買い付けるということは、どこまで値下がりすると危険なのか?と言いますと、ロスカット水準は6.25円となりまして、この水準に達してしまうと、ロスカットになってしまいます。

ロスカットされると、預け入れている資金は全て無くなってしまうことになります。

ただ、逆にスワップ運用で為替差益が発生した場合は、さらにレバレッジが下がることになります。

〇スワップ運用で値上がり益が発生した場合はレバレッジはさらに下がる!

re05

仮に先ほどのランド/円を元手300万円レバレッジ3倍で運用していたときに、1円の円安が進み、値上がり益+100万円が発生した場合は、運用資金が300万円+100万円=400万円となり、レバレッジは2.5倍にまで低下します。

まとめ

「FXにおけるレバレッジの意味と効果を知ろう!」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回、ご紹介した投資の方法の他にも、短期的な値幅取りと中長期的なスワップ金利狙いを組み合わせる方法など、FXのレバレッジは投資スタイルにかなりの幅を持たせてくれます。

リスクを考慮しながら、上手くレバレッジを使いこなしたいところですね。

 

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2019年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ