トップページ > FXにおけるレバレッジのまとめ > FXでレバレッジ13倍で取引したシュミレーション~複利・利益・証拠金の変動のまとめ~

FXでレバレッジ13倍で取引したシュミレーション~複利・利益・証拠金の変動のまとめ~

FXでレバレッジ13倍で取引を行うことを前提とした場合、複利や利益、損失、証拠金がどのように変動するのかということをまとめてみました。

FXをこれから始める人や運用方針を見直したい!という方に参考にして頂ければと思います。

早速、見ていきましょう。

レバレッジ13倍でホールドして運用、年間で予想される損益は?

まず、最初に参考例としてご覧いただくのは、レバレッジ13倍でドル円をホールドしたまま、運用したときの運用資金(証拠金)別の予想損益になります。

想定レートは1ドル=100円としておりまして、例えば運用資金1万円でレバレッジ13倍ということになりますと、100円×1300通貨という計算になります。(FXでは、標準の取引単位は1万通貨単位ですので、証拠金が10万円の場合は100円×13,000通貨となります。)


参考/100通貨単位や1,000通貨単位で取引できるおすすめFX会社のまとめ

そして、年間の予想される損益については、過去約20年のドル円の年間平均変動率をもとに、プラスマイナスでどれくらいの変動が予想されるかということをもとに、算出しました。

ドル円相場変動幅変動率
19967.79円6.7%
199721.04円16%
199836.1円24.5%
199923.57円18.9%
200013.74円12%
200118.48円14%
200219.64円14.6%
200315.12円12.5%
200413.01円11.4%
200519.69円16.3%
200610.88円9.1%
200716.92円13.7%
200824.8円22.2%
200916.62円16.4%
201014.74円15.6%
20119.95円11.7%
201210.76円12.4%
201318.88円18%
201421.1円17.4%
201510円8%
201622.71円18.7%
平均17.4円14.77%

参考/ドル円相場の年間高値と年間安値及び年間変動幅と年間変動率のまとめ(1972-2016)

では、それらをもとにレバレッジ13倍でドル円を運用したときの運用資金(証拠金)別の予想損益を下記の表でご覧ください。

運用資金(証拠金)
※レバレッジ13倍
年間の平均変動率=14.77%
(1996-2016の20年平均)
1万円
(建て玉13万円)
±19,201円
10万円
(建て玉130万円)
±192,010円
100万円
(建て玉1300万円)
±1,920,100円
200万円
(建て玉2600万円)
±3,840,200円
300万円
(建て玉3900万円)
±5,760,300円
400万円
(建て玉5200万円)
±7,680,400円
500万円
(建て玉6500万円)
±9,600,500円
1,000万円
(建て玉1.3億円)
±1,920万円
5,000万円
(建て玉6.5億円)
±9,600万円
1億円
(建て玉13億円)
±1,9億円

※スプレッドなどは考慮しておりません。

例えば、年初の1月の時点で元手300万円に対してレバレッジ13倍を掛け、ドル円3900万円のポジションを持っていたとしますと、その年の12月の終わりまでに想定される年間損益の平均予想変動幅は、「±5,760,300円」という計算になります。

レバレッジ13倍でトレードして、複利運用したときの損益は?

では、続いて、レバレッジ13倍でドル円を積極的にトレードを行い、1週間に「+0.2%」の収益を挙げられる戦略を立てた場合の複利シュミレーションを見ていきましょう。

運用資金(証拠金)
※レバレッジ13倍
1週間あたり「+0.2%」で複利運用できた場合の年間利益
(1年間=52週)
1万円
(建て玉13万円)
+14,233円
10万円
(建て玉130万円)
+142,330円
100万円
(建て玉1300万円)
+1,423,300円
200万円
(建て玉2600万円)
+2,850,000円
300万円
(建て玉3900万円)
+4,270,000円
400万円
(建て玉5200万円)
+5,690,000円
500万円
(建て玉6500万円)
+7,120,000円
1,000万円
(建て玉1.3億円)
+1,423万円
5,000万円
(建て玉6.5億円)
+7,120万円
1億円
(建て玉13億円)
+1.4億円

※スプレッドなどは考慮しておりません。

毎週「+0.2%」というと、優秀な短期トレーダーと呼ぶには十分な成績で、かなりの高収益というシュミレーション結果になります。

もう少し水準を下げて、1ヶ月あたり「+0.2%」で運用できたケースも見てみましょう。

運用資金(証拠金)
※レバレッジ13倍
1ヶ月あたり「+0.2%」で複利運用できた場合の年間利益
(1年間=12ヶ月)
1万円
(建て玉13万円)
+3,155円
10万円
(建て玉130万円)
+31,550円
100万円
(建て玉1300万円)
+315,500円
200万円
(建て玉2600万円)
+630,000円
300万円
(建て玉3900万円)
+950,000円
400万円
(建て玉5200万円)
+1,260,000円
500万円
(建て玉6500万円)
+1,580,000円
1,000万円
(建て玉1.3億円)
+3,155,000円
5,000万円
(建て玉6.5億円)
+1,580万円
1億円
(建て玉13億円)
+3,155万円

※スプレッドなどは考慮しておりません。

先ほどよりは収益は落ちますが、それでも年間利回りにすると、「+31%」前後でこちらも、素晴らしい成績になります。

レバレッジ13倍の証拠金によるFXでのロスカットのリスク

続いてはレバレッジ13倍で取引をした場合の「ロスカット」になるリスクについて見ていきましょう。

例えば、今、FX口座に運用資金として100万円を入金し、それを証拠金として、レバレッジ13倍で米ドル(レート=100円)を買った場合、ロスカットされるには、購入した米ドルがどこまで下がる必要があるのかということをまとめたものが下記になります。

上は、1ドル=100円のレートで購入した米ドルが1ドル=97円、1ドル=95円と下がった場合の運用状況です。

仮にドル円が97円まで下がっても、ロスカットとなる最低必要証拠金の45.5万円に達するには、まだかろうじて余裕があるという状況です。

しかし、ドル円のレートが1ドル=95円にまで下落してしまうと、ロスカットとなる最低必要証拠金の390,000円を超過した損失が出てしまい、何もしなければ強制ロスカットということになります。

正確には、必要証拠金はその時の為替レートによって決まりますので、米ドルのレートが97円や95円になったときには、必要証拠金やロスカットされるレートも前後する可能性があります。

ちなみに、もし、必要証拠金不足に達したときですが、一般的なFX会社では、翌営業日に追加証拠金が必要との連絡が入り、そして、追加証拠金を入金できなかった場合に限り、強制決済という流れになります。

margincall

FXのレバレッジと証拠金維持率に関して、もっと詳しく知りたいという方は、「FXにおける証拠金の維持率とレバレッジについて」をご覧頂ければと思います。

FX初心者向け-レバレッジの目安を探る方法-

では、ここからは妥当なレバレッジの目安を探る方法について見ていきたいと思います。

妥当なレバレッジの目安を探るには、個人の価値観や運用方針などにより多少異なってきますが、重要なポイントとしては、「通貨」、「時間」、「ボラティリティ」、「リスク許容度」などがあります。

vol

例えば、レバレッジ13倍で運用を考える場合、どれくらいのボラティリティを想定してトレードするのか?といった点でも、レバレッジに関する考え方も異なってきます。

レバレッジ13倍で運用することを考えた場合、どれくらいの期間、どの通貨で、どんな風に運用していくかということについては、冷静に検討したいところです。

当サイトで、妥当なレバレッジの目安を探る方法について、詳しくまとめた記事をご用意しておりますので、そちらも参考にしていただければと思います。

参考/FX初心者が妥当なレバレッジの目安を探るポイント3つ

FXのレバレッジ13倍でスワップポイントを目的とした運用について

レバレッジ13倍でFXをすることを検討している人の中には、スワップ金利を目的とした運用を考えているという方もいるかもしれません。

レバレッジ13倍は、想定取引期間や取引対象通貨によっては、リスクは決して低くありません。

特に、高いスワップ金利がつく新興国通貨での運用を考えている場合、為替差損がスワップ金利を上回ることが少なくないことは注意しておきたいところです。

long_zar

チャート出所/GMOクリック証券

上記はランド円の1996年から2017年までの長期チャートですが、長期的には南アフリカランドは、日本円に対して下落し続けています。

相場の世界ですから、いつも下がり続けるということはありませんが、長期的には、高金利通貨は、高いところで掴んでしまうと、大きな含み損をいつまでも抱えてしまうことになりかねませんので、注意しておきたいところです。

高金利通貨と呼ばれる新興国通貨には、どんなリスクがあるのかということを当サイトで詳しくまとめた記事がありますので、そちらも参考にして頂ければと思います。
参考/FXにおける高金利通貨のリスク-下落する理由-を探る

参考/FXで長期投資をするときのおすすめの通貨とおすすめの会社

まとめ

「FXでレバレッジ13倍で取引シュミレーション~複利・利益・証拠金の推移のまとめ~」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

レバレッジ13倍で運用することを考えていた方に本記事が少しでも参考になれば、幸いです。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます!

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2019年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ