トップページ > FXの取引スタイルを知る! > FXで長期投資をするときのおすすめの通貨とおすすめの会社

FXで長期投資をするときのおすすめの通貨とおすすめの会社

FXの長期投資で為替差益とスワップの利益をダブルで狙ってみたい

FXで中長期の取引を行い、スワップの利益だけを出金したい

FXの長期トレードするにあたって、どんなことに注意すればいいの?

こんな風に、FXを利用して長期投資をしたいと考えている人のために、今回はFXで長期投資をするときの注意点とおすすめの会社について紹介していきたいと思います。

では、早速見ていきましょう。

高金利の新興国通貨は為替の損失リスクに注意!

FXで長期投資をする場合、スワップにより利益を目的とされる方が少なくありませんが、だからと言って、高金利が売り物の新興国通貨に資産の大半を投じるのは、決しておすすめできません。

なぜなら、新興国通貨へ長期投資をする場合、その為替差損がスワップにより利益を大幅に上回ったりすることが少なくないからです。

実際に、高金利通貨として人気の南アフリカランドやトルコリラは、対日本円でその価値を長期に渡って下落させ続けています。

long_zar

上記はランド円の1996年から2017年までの長期チャート

long_try

上記はトルコリラ円の2015年から2017年までのチャート

チャート出所/GMOクリック証券

もちろん、相場の世界ですから、いつも下がり続けるということはありませんが、長期的には、高金利通貨は、高いところで掴んでしまうと、大きな含み損をいつまでも抱えてしまうことになりかねませんので、注意が必要です。

高金利通貨と呼ばれる新興国通貨には、どんなリスクがあるのかということを当サイトで詳しくまとめた記事がありますので、そちらをご覧ください。

参考/FXにおける高金利通貨のリスク-下落する理由-を探る

高金利通貨は高いスワップ金利が魅力ですが、長期投資として資産の大半をそれらの通貨に投じるのはやめておいた方が無難です。

FXで長期投資をする際の外貨の選び方とおすすめ通貨

では、FXで長期投資をするときの外貨はどうやって選べばいいの?という選び方については、幾つかの方法があります。

〇SDR

まず、一つ目の参考として挙げられるのが、IMF(国際通貨基金)が加盟国の準備資産を補完する手段として、1969年に創設した国際準備資産のSDRです。(SDRは定期的に見直しが行われることになっていまして、下記は2016-2020年の内訳。)

sdr

期間2016-2020
米ドル41.73%
ユーロ30.93%
人民元10.92%
日本円8.33%
イギリスポンド8.09%

(参考/特別引出権(SDR)-IMF-)

SDRが準備資産として用意しているということは、それだけ通貨としての信認性や流動性が世界的に見ても高いということに他ならず、これほど参考になるポートフォリオはありません。

SDRを参考にするのであれば、長期投資の投資対象として最も優れているのは、米ドル、ユーロがその大半ということになりそうです。

なお、イギリスのポンドについては、2016年にEU離脱を国民投票で決定したことから、その準備通貨としての価値が低下するのでは?という懸念が一部の専門家の間で話題となっていますので、長期投資の対象としては冷静に判断したいところです。

〇ソブリン格付け

先ほど、新興国通貨の価値が長期的に下落しやすいというお話をさせて頂きましたが、その背景にあるのは、その国がどれくらい世界的に信用されているのか?という「国の信認」に大きく関わっていまして、世界の投資家が、その国の通貨に投資するかどうかは、その信用度にかかっているといっても過言ではありません。

そこで、FXで投資ができる環境にある国がどんな格付けを得ているのかというソブリン格付けをベースに、長期投資を行うことは非常に理にかなっていると言えるかと思います。

そこで、下記に主要国が格付け機関から、どんな格付けを得ているのかということをまとめてみました。

国名(2016年12月)ムーディーズS&Pフィッチ
 ドイツ  Aaa AAA AAA 
 オーストラリアAaa AAA AAA 
 スイスAaa AAA AAA 
 カナダAaa AAA AAA 
 米国Aaa AA+ AAA 
 ニュージーランドAaa AA AA 
 英国 Aa1 AAAAA+
 フランス  Aa2 AA AA 
 韓国Aa2 AA- AA- 
 中国Aa3 AA- A+ 
 日本A1 A+ 
 メキシコA3 BBB+ BBB+ 
 スペイン  Baa2 BBB+ BBB+ 
 イタリア  Baa2 BBB- BBB+ 
 南アフリカBaa2 BBB- BBB- 
 トルコBaa3 BB+  BBB- 
 ロシアBa1  BBBBB- 
 ブラジルBa2  BB  BB  
 ギリシャ  Caa3  B-  CCC  

これを見ると、ドイツが中心となっているユーロやゴールドよりも堅いと言われるスイスフラン、資源国のオーストラリアドルとカナダドル、基軸通貨の米ドルあたりは、長期投資の対象としては魅力があることが分かります。

〇スワップ金利とおすすめ通貨

長期投資の対象として考えたときにできれば、スワップ金利は支払うよりも受け取る方に回りたいもの。

そう考えますと、2017年現在、マイナス金利を採用しているユーロやスイスフランは保有している間はずっと、スワップ金利を支払う側に回らなくてはいけませんので、避けたいところです。

となりますと、残りは米ドル、豪ドル、カナダドルが主要な投資対象で、次点候補として、ニュージーランドドル、ポンドあたりが長期投資をする際の、おすすめの通貨になるかと思います。

特に米ドルは、2017年、2018年にかけて、金利を引き上げる方針を明確にしていますので、投資タイミングとしては、スワップ金利の上昇と為替差益のダブルを狙うことができる、絶好のタイミングと言えるかも知れません。

FXで長期投資をするときの業者の選び方とおすすめの会社

ここまで、FXで長期投資をするときのおすすめの通貨を見てきましたので、続いては実際にFXで長期投資を行うときの業者の選び方とおすすめの会社について、見ていきたいと思います。

〇会社の信用度とFXの信託保全について

FXでは、大手をはじめ国内にかなりの数の会社がFX事業を展開していまして、信用度の高い会社には下記のような会社があります。

2017年6月時点自己資本規制比率信託銀行資本金上場/非上場
GMOクリック証券497.0%三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行43億円上場
DMM FX867.2%日証金信託銀行、SMBC信託銀行98億円非上場
マネーパートナーズ450.2%三井住友銀行、みずほ信託銀行31億円上場
外為どっとコム1,105.6%三井住友銀行7億7850万円上場
SBI FXトレード823.3%三井住友銀行4億8000万円上場
ヒロセ通商320.5%日証金信託銀行,SMBC信託銀行7億9066万円上場
YJFX!1,259.1%三井住友銀行、みずほ信託銀行4億9000万円上場

なお、FX事業を展開している会社は、顧客から預かった資産を信託銀行へ全額預けておくことが義務付けられていまして、万が一、何かのきっかけでFX会社が破綻するということになっても、信託銀行が顧客の運用資金を全額返還してくれるという仕組みになっています。

image01

〇スワップ金利だけ出金可能なFX会社について

FXで長期投資を検討されている方の中には、為替差益や差損については一喜一憂する気はないが、日々入金されるというスワップ金利については、出金したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

え?そんなの当たり前じゃないの?」という疑問を持たれたかたもいらっしゃるかもしれません。

実は、FXではスワップ金利の引き出しの規定は会社によって異なっておりまして、保有しているポジションを決済しない限り、引き出せないとしている会社も少なくないのです。

例えば、取引所による外国為替証拠金取引を展開している「くりっく365」では、スワップ金利の引き出しについては、下記の通り定めています。

くりっく365取引において、建玉を決済しないまま累積したスワップポイントを出金することは可能ですか?
くりっく365取引では、建玉を決済し、受渡日を迎えたスワップポイントのみ、出金指示が可能となります。
建玉を保有したままで、スワップポイントのみをを出金することはできません。

参考/くりっく365

これでは、FXの長期投資でスワップ金利収入を得るという楽しみなくなってしまいますよね・・。

しかし、そんなユーザーの声に応えるために、自分が保有しているポジションンを決済しなくても、スワップ金利により得られた金利収入の出金を認めているFX会社もあるのです。

それが、「GMOクリック証券」や「DMM FX」、そして「SBI FX TRADE」といった会社になります。

いずれの会社もスワップ金利を引き出しながら、安心して長期投資をできるFX会社になっています。

〇取引の最低単位について

FXでは、標準的な投資単位が10,000通貨となっていまして、これは、例えば、1ドル=100円のドル円にレバレッジ1倍で投資を行う場合、10,000通貨×100円=100万円の資金が必要ということになります。

ただ、FXではご存知の通り、レバレッジは上限25倍までは認められていますので、例えば、長期投資を前提に、レバレッジ2~4倍で運用を考えているという方であれば、25万~50万円程度で運用することも可能になっています。

でも、米ドルだけじゃなく、豪ドルやNZドルなど色々な通貨にもっと低い単位で投資をしたい・・・

そんな希望をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そして、そんなユーザーの声に応えるべく、業界標準の10,000通貨ではなく、「1」単位からの投資を認めてくれているのが、「SBI FX TRADE」になります。

1,000通貨以下の投資の場合、少し取引コストが増えてしまいますが、コツコツと長期投資をしていきたいという方には、おすすめのFX会社になります。

〇取引手数料とおすすめの会社

FXには、株などにはない魅力として、レバレッジ、インサイダーがない、流動性が豊富(土日以外の24時間)、取引期限がないといったポイントがありますが、最も大きな魅力の一つに取引手数料が無料ということが挙げられます。

正確にはスプレッドと呼ばれる、買いと売りの差が取引コストになっていますが、このスプレッドを考慮しても、その他の金融商品に比べますと、破格とも言えるコストの低さになっています。

spred2

そんな取引コストの安いFXですが、全ての会社のコストが安いというわけではありません。

実際には、FX業界でも最も狭い水準でスプレッドを提供できるのは、顧客の多い一部のFX会社に限られていまして、なぜなら、顧客数を多く抱えているが故に、一人あたりの利益が薄くても利益を上げられるからです。

そう考えますと、国内でFX口座数の1位と2位を争いながら、業界で最も狭い水準のスプレッドを提供している「GMOクリック証券」と「DMM FX」は、かなりおすすめの会社ということになります。

まとめ

「FXで長期投資をするときのおすすめの通貨とおすすめの会社」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

これからFXで長期投資をはじめてみたいという読者の方に少しでも参考になれば、幸いです。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます!

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2019年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ