トップページ > FXの取引スタイルを知る! > 通貨ペア数の取り扱いが多いFX会社を比較

通貨ペア数の取り扱いが多いFX会社を比較

FXのトレードスタイルによっては、通貨ペア数の取り扱い数が多ければ多いほどトレードチャンスが多いという方や、またマイナーな通貨ペアやドルストレートの通貨ペアの取扱いが多いFX会社を探しているという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、編集部で通貨ペア数の取り扱いが多いFX会社を比較一覧としてまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

通貨ペア数の取り扱いが多いFX会社を比較

会社名通貨ペアの数
IG証券84
ヒロセ通商【LION FX】50
FXトレード・フィナンシャル31
SBI FX TRADE26
セントラル短資24
外為オンライン24
ライブスター証券24
ひまわり証券24
楽天FX23
YJFX!22
上田ハーローFX22
DMM FX20
外為どっとコム20
GMOクリック証券19
マネーパートナーズ18
インヴァスト証券17
みんなのFX16
外為ジャパン15
マネックスFX13

ヒロセ通商の取扱い通貨ペア一覧

取扱い通貨ペアが多く、さらにスプレッドを狭くすることにも注力していることで多くのトレーダーからの支持を集めているヒロセ通商が実際にどんな通貨ペアを用意しているのかを見てみましょう。

 ヒロセ通商の取り扱い通貨一覧
1豪ドル/カナダドル(AUD/CAD)
2豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)
3豪ドル/円(AUD/JPY)
4豪ドル/NZドル(AUD/NZD)
5豪ドル/米ドル(AUD/USD)
6カナダドル/スイスフラン(CAD/CHF)
7カナダドル/円(CAD/JPY)
8スイスフラン/円(CHF/JPY)
9ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)
10ユーロ/カナダドル(EUR/CAD)
11ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)
12ユーロ/ポンド(EUR/GBP)
13ユーロ/円(EUR/JPY)
14ユーロ/ノルクロ(EUR/NOK)
15ユーロ/NZドル(EUR/NZD)
16ユーロ/ズロチ(EUR/PLN)
17ユーロ/スエクロ(EUR/SEK)
18ユーロ/シンガポールドル(EUR/SGD)
19ユーロ/トルコリラ(EUR/TRY)
20ユーロ/米ドル(EUR/USD)
21ユーロ/南アランド(EUR/ZAR)
22ポンド/豪ドル(GBP/AUD)
23ポンド/カナダドル(GBP/CAD)
24ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)
25ポンド/円(GBP/JPY)
26ポンド/NZドル(GBP/NZD)
27ポンド/米ドル(GBP/USD)
28香港ドル/円(HKD/JPY)
29フォリント/円(HUF/JPY)
30メキシコペソ/円(MXN/JPY)
31ノルクロ/円(NOK/JPY)
32NZドル/カナダドル(NZD/CAD)
33NZドル/スイスフラン(NZD/CHF)
34NZドル/円(NZD/JPY)
35NZドル/米ドル(NZD/USD)
36ズロチ/円(PLN/JPY)
37スエクロ/円(SEK/JPY)
38シンガポールドル/円(SGD/JPY)
39トルコリラ/円(TRY/JPY)
40米ドル/カナダドル(USD/CAD)
41米ドル/スイスフラン(USD/CHF)
42米ドル/香港ドル(USD/HKD)
43米ドル/フォリント(USD/HUF)
44米ドル/円(USD/JPY)
45米ドル/メキシコペソ(USD/MXN)
46米ドル/ズロチ(USD/PLN)
47米ドル/シンガポールドル(USD/SGD)
48米ドル/トルコリラ(USD/TRY)
49米ドル/南アランド(USD/ZAR)
50南アランド/円(ZAR/JPY)

編集部が中でも特におすすめするのは、欧州通貨とオセアニア通貨の通貨ペア、そして、新興国通貨と米ドルの通貨ペアです。

例えば、日本同様にリスクオフのときに買われやすいスイスフランとリスクオフのときに売られやすい豪ドルやNZドルの組み合わせは、ボラティリティを求めるトレーダーには、とても興味深い通貨ペアになると思います。

また、ドルストレートで新興国通貨をトレードできる通貨ペアの魅力も見逃せません。

新興国の多くがドル建ての債券を発行しているなど、新興国の経済と米ドルは経済的に深いつながりがありますので、新興国経済とアメリカ経済の関係に着目したトレードをしたいという人には、打ってつけの通貨ペアです。

また、その他では、日本と経済的な繋がりも深いメキシコペソ/円やスウェーデンクローナ/円といったマイナー通貨のクロス円のトレードも取引意欲が湧くというトレーダーもいらっしゃるのではないでしょうか。

取引ボリュームの小さい通貨ペアは、スプレッドが広かったり、流動性が少なかったりと、メジャー通貨に比べるとリスクやデメリットもありますが、だからこそそこに収益機会が埋もれているという見方もできるかと思います。

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2018年12月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ