トップページ > FX口座を開設する準備! > FX初心者向け!口座開設後の初回の入金方法と入金額について

FX初心者向け!口座開設後の初回の入金方法と入金額について

FX口座を開設した後の初回に入金する金額については、初回に申し込みをしたFX会社の数と運用資金額により変わってくると思いますが、FX会社の方では、特に決められている金額はありません。

ただ、トレードするにあたっての運用資金となる証拠金として、最低限以上の入金は必要になります。

今回は、必要証拠金を含めて、初回の入金方法と入金額、そして手数料など、口座開設後の入金に関することを説明していきたいと思います。

初回の入金額はどれくらい必要?

FX初心者の方ですと、中には1,000通貨単位の取引ができるFX会社で申し込まれた方やこれから申込みされるという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は1,000通貨単位のトレードと10,000通貨単位のトレードで、それぞれどれくらいの入金が必要になるのかということを見ていきたいと思います。

トレードに必要な証拠金の額は、レバレッジとレートにより、簡単に計算できます。

必要証拠金=レート×通貨単位÷レバレッジ

例えば、米ドル円のレートを100円としますと・・・1,000通貨単位と10,000通貨単位でトレードに必要な証拠金は下記の通りとなります。

米ドル円が100円のとき1,000通貨単位10,000通貨単位
25倍4,000円4万円
10倍1万円10万円
5倍2万円20万円
1倍10万円100万円

例えば、100円のときに米ドルを買って、101円になったとしますと、1,000通貨単位のときは+1,000円、10,000通貨単位のときは+10,000円の利益が出るという形になります。

利益額ではなく、利益率で見てみると下のような形です。

米ドル円が100円が101円になったときの利益1,000通貨単位10,000通貨単位
25倍+25%+25%
10倍+10%+10%
5倍+5%+5%
1倍+1%+1%

レバレッジが25倍の時は、+25%となり、かなり大きく変動することがお分かり頂けるかと思います。

初心者の場合は、資産の変動が激しいレバレッジの大きなトレードを最初から行うのはハードルが高いと思いますので、まずはレバレッジ1倍~5倍あたりからトレードをしてみて、そこから徐々にレバレッジをあげてみることをおすすめします。

もちろん、レバレッジを低く抑えてトレードし続けても全く問題ありません。

米ドル円が100円のとき1,000通貨単位10,000通貨単位
25倍4,000円4万円
10倍1万円10万円
5倍2万円20万円
1倍10万円100万円

米ドル円が100円のレートの時に米ドル円で主にトレードすることを前提としますと、

1,000通貨単位で取引される場合は、2万~10万円

10,000通貨単位で取引される場合は、20万~100万円

あたりがFX初心者にとって、初回入金額として必要な金額の目安になってくるかと思います。

FX口座開設後の入金方法について

FX口座開設後の入金については、銀行側からFX口座へ入金する方法と、FX会社が提供している即時入金サービスを利用して入金する方法の2つがあります。

スピードを考えますと、FX会社が提供している即時入金サービスを利用して入金する方が便利です。

FX口座の開設の通知を受け取った後、IDとパスワードを入力して、FX会社のそれぞれのトレードツールを開くと、その中のメニューに即時入金サービスのメニューが出てきます。

quick_money

上はDMM FXのトレードツール内のメニューですが、緑の点線で囲まれたところから即時入金をすることができます。

sbi

上はSBI FX TRADEのトレードツール内のメニューですが、緑の点線で囲まれたところから即時入金をすることができます。

なお、主なFX会社が提携している銀行は下記の表の通りとなっています。

 FX会社と提携銀行
DMMFXゆうちょ、みずほ、三井住友、三菱東京UFJ、りそな、埼玉りそな、楽天、ジャパンネット、住信SBI他370以上の金融機関と提携
GMOクリック証券ゆうちょ、みずほ、三井住友、三菱東京UFJ、りそな、楽天、ジャパンネット、住信SBI
YJゆうちょ、みずほ、三井住友、三菱東京UFJ、楽天、ジャパンネット、住信SBI、セブン
外為ジャパンゆうちょ、みずほ、三井住友、三菱東京UFJ、楽天、ジャパンネット、住信SBIなど
楽天FXゆうちょ、みずほ、三井住友、三菱東京UFJ、楽天、ジャパンネット、セブン
SBI FXゆうちょ、みずほ、三井住友、三菱東京UFJ、楽天、ジャパンネット、住信SBI、セブン、スルガ

FX口座への入金が反映されるまでの所要時間について

上で紹介した即時入金サービスを利用すれば、ほとんどの場合、数分後には口座に反映されますが、端末やアプリからの入金の場合、少し反映までに時間が掛かる場合があります。

また、銀行口座側からログインして、FXの口座へ入金する場合ですが、こちらについては、ケース・バイ・ケースとなります。

ただ、FX会社が提携している銀行からの入金の場合は、銀行側からの入金でも数十分後、数時間後にはFX口座に金額が反映されていることがほとんどです。

FX口座への入金手数料について

FX口座へは銀行口座から入金を行いますが、その入金手数料については、大手のFX会社であれば、手数料が無料のところがほとんどです。

例えば、FX会社として取引量世界1位、2位を争っているDMM FXGMOクリック証券はいずれも、手数料は無料になっております。

また、その他の会社もほとんどが手数料無料ですが、中には入金手数料が必要な会社があったりするので注意が必要です。

FX口座への入金+取引のボーナスやキャッシュバックについて

FX初心者が自分のFX口座に入金を行って、条件となるトレードを行うと、ボーナスやキャッシュバックがもらえるというキャンペーンもあります。

例えば、「初回5万円以上の入金+1,000通貨単位のトレードを1回以上すると、10,000円をキャッシュバック!」といった感じです。

こうした特典はFX初心者だけが受けられる大きな特典ですので、お得なキャンペーンを見つけたときには、積極的に口座開設をしておきたいところです。

FX口座からの出金について

FX口座からの出金については、FX口座から予め指定した出金先の銀行へ出金指示を行えば、出金ができます。

下はDMM FXの口座開設のときに記入する銀行口座の記入欄です。

dmmfx

FX会社によっては、出金用の銀行口座については、後日、登録するという会社もあります。

FX口座開設後の入金から出金までのまとめ

「FX初心者向け!口座開設後の初回の入金方法と入金額について」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

FX初心者にとっては、入金や出金も初めてのことになるかと思いますので、気になるところを網羅的に解説させて頂きました。

これからFX口座の開設や開設後の入金を考えている読者の方の参考になれば、幸いです。

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2019年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ