トップページ > FXに関するQ&A > FXのリスクオン・リスクオフ相場とは?相場展開とリスクはどんな関係?

FXのリスクオン・リスクオフ相場とは?相場展開とリスクはどんな関係?

FXぶっちゃけQ&Aは、FX初心者の素朴な疑問に専業トレーダーであるMGI氏が本音で回答していくというコーナー。

【登場人物】ヒトコト
夢見るフクローFXで一攫千金を夢見るFX初心者のフクロウ。
MGI中長期的なサイクル分析をトレードの主体としながら、
短期トレードも行う相場歴15年以上のFXトレーダー。
夢見るフクロー
前回のスプレッドの話を聞いて、早速口座開設の申請をしてきました!

MGI
おーいつもとは違って、行動が早いね!

前回のお話はこちら
「FX初心者で短期トレード派がスプレッドに要注目な理由とは?」

夢見るフクロー
どーいう意味ですかぁ・・なんか含みがありますね・・
MGI
いやー締め切り原稿とかSNSの返信は遅いよね?(笑)
夢見るフクロー
そ、それは忙しいんですっ・・!
MGI
僕は気にしてないから、いいんだけど~(笑)
夢見るフクロー
エサ取りに行ったり、巣のメンテしたりしてるんですっ!
MGI
そうだよね・・一応、ふくろうだもんね・・・
夢見るフクロー
一応は余計ですよ!!
夢見るフクロー
もう・・そんなことより、今日のお話をそろそろ・・お願いしますよ!
MGI
確かに・・そろそろ、今日の本題に入ろうっか。
MGI
今日は、FXでよく聞くリスクオン・リスクオフ相場について説明していくよ
夢見るフクロー
「リスクを取る動きが~」とか「リスク回避が進んだ結果~」とか・・ニュースで流れてくるアレですか?
MGI
そう。まさにそれだね。

 

リスクオンで買われやすい通貨とリスクオフで買われやすい通貨

いつもというわけではありませんが、FXではマーケットの参加者がリスクを積極的に取りにきた時に買われやすい通貨と、そのときに売られやすい通貨が存在ます。

例えば、FXでリスクが選好されると、原油と関連が深いカナダドルや資源価格と関連が深い南アフリカランド、豪ドルなどが買われるといった傾向があります。

そして、リスクオン相場では、逆に米ドルや日本円、スイスフランが買われやすい傾向にあります。

riskoff

夢見るフクロー
あれ、でも2016年の11月にトランプ大統領が誕生した後に起きたトランプラリーでは、リスクオン相場で米ドルが買われましたよね?
MGI
そうだね。
夢見るフクロー
あのときは、リスクオン相場じゃなかったんですか?
MGI
あのときは株も米ドルもひたすら買われ続けたという意味ではリスクオンだったんだけど、どちらかいうと”アメリカ買い”相場だった気がするね。
夢見るフクロー
世界的なリスクオン相場というよりも、局所的なリスクオン相場だったということですか?
MGI
うん。もちろん、色々な見方はあると思うけど、典型的なリスクオンだったかというと、そうではなかった気がするね。
夢見るフクロー
典型的なリスクオンというのは、どういうことですか?
MGI
個人的には、株高・資源高を背景とした円安・ドル安相場だと思ってるよ。
夢見るフクロー
円安・ドル安?なんかおかしくないですか・・?

 

円安・ドル安相場とは?

為替相場では、2国の通貨を取引することになりますが、FXで取引できる通貨ペアが必ずしも、米ドル/円のように、マーケットで色々な市場参加者から数多く取引されている通貨ペアではありません。

例えば、ポンド/円のペアは、ポンドドル/米ドルと米ドル/日本円の合成通貨と呼ばれていまして、ポンドドル/米ドルと米ドル/日本円の2つの通貨ペアの値動きによって、そのレートが決まります。

mix

つまり、ポンド円のレートの強弱を決めているのは、ポンドドルが米ドルに対してどういった動きをしているのか、米ドルが日本円に対して、どういった動きをしているのかという2つのポイントで決まってくるというわけです。

そして、円安・ドル安相場というのは、円がドルに対して売られ、米ドルが主要通貨に対して売られた結果、円が最も売られる状況にあることを指しています。

具体例で見ていきましょう。

まず、ご覧いただくのは、NZドル/米ドルのチャートで、2012年の春先から、2013年の春頃まで、NZドルが短い期間でかなり値を切り上げていることが、お分かり頂けるかと思います。(2012年の年央から2013年にかけて、NZドルは乳製品価格の高値推移を背景に急伸)

nzdusd

チャート参考/GMOクリック証券

値幅にして、NZD/USDは0.7500から0.8600の値上がりになっておりまして、約1年間でかなりの値幅が動いた計算になります。(1万通貨あたり、約10万円の値動き)

これだけでもかなり大きな値動きと言えるのですが、実はこのとき、対米ドル以外に、さらに大きな値動きとなったのが通貨が「NZドル/円」になります。

nzdjpy

チャート参考/GMOクリック証券

上記は、先ほどのNZドル/米ドルが買われた同時期の「NZドル円」のチャートになりまして、値動きにして、なんと、59円から85円の「約25円」の上昇になっていたのです。(1万通貨あたり、約25万円の値動き)

NZ米ドルの約2.5倍近くの値動き・・という状況だったのです。

この状況がまさに、「円安・ドル安」相場で、リスクテイクの典型的なパターンになります。

「円安・ドル安」相場について、もっと詳しく知りたい方は、「FXで「ドル安・円安」のリスクオン相場でトレードする方法と注意点」をご覧ください。

夢見るフクロー
2.5倍の値動きってめちゃめちゃスゴイですね!

MGI
本当にすごいよね。このときはNZは金利も高くて、ポジションの含み益はどんどん増える上に、スワップ金利も日々入ってくるというダブルで美味しい時期だったんだ

夢見るフクロー
確かに、この動きを見るとトランプラリーでの為替相場とは動き方が違いますね

MGI
そうだね。じゃあ、今度は典型的なリスクオフ相場である「円高・ドル高相場」も見てみよう。

 

円高・ドル高相場とは?

マーケットの市場参加者がリスク回避の姿勢を強めるリスクオフ相場では、比較的、安全資産と呼ばれるスイスフラン、米ドル、日本円が買われやすい傾向にありますが、そうした動きが如実に出た形となるのが「円高・ドル高相場」です。

早速、具体例で見ていきましょう。

具体例として、イギリスで2015年の年末から2016年にかけて話題となり大相場となった「ブレグジット」(ユーロ経済圏からの離脱を国民投票によって決める)絡みのポンドの動きで見ていきたいと思います。

まず、ご覧いただくのは、ポンド/米ドルのチャートで、2015年の年末から、ポンドが短い期間でかなり値を切り下げていることが、お分かり頂けるかと思います。(ポンドがEUから脱退すると、経済的な損失が大きくなることが懸念されて、ポンドが一方的に売られる形に)

GBPUSD

チャート参考/GMOクリック証券

値幅にして、GBP/USDは1.5400から1.4000の急落になっておりまして、数ヶ月でかなりの値幅が動いた計算になります。(1万通貨あたり、約14万円の値動き)

これだけでもかなり大きな値動きと言えるのですが、実はこのとき、対米ドル以外に、もっと値動きの大きな通貨が”同時期”にあったのです。

それが「ポンド/円」になります。

gmp

チャート参考/GMOクリック証券

上記は、先ほどのポンド/米ドルが売られた同時期の「ポンド円」のチャートになりまして、値動きにして、なんと、185円から155円の「約30円」の下落になっていたのです。(1万通貨あたり、約30万円の値動き)

ポンド米ドルの2倍近くの値動き・・という状況です。

鋭い方はすでにお気づきの通り、ポンドが米ドルに対して急落した、まさにその同時期に米ドルに対して円高が急速に起こり(「ドル高・円高」)、ポンド/円が「暴落」することになったのです。

下記は同時期の米ドル円のチャートになります。

USDJPY

チャート参考/GMOクリック証券

もう少し、詳しくこの流れについて、見てみましょう。

image

米ドルに対して、ポンドが売られる、そして、米ドルに対して、日本円が買われた結果、順番から行きますと、日本円が、最も強い通貨に、その次が米ドル、そして最弱通貨がポンドという形になってしまったのです。

「円高・ドル高」相場について、もっと詳しく知りたい方は、「FXでドル高・円高のリスク回避相場でトレードする方法と注意点」をご覧ください。

夢見るフクロー
ポンド円がポンドドルの2倍の値動きですか!
MGI
動いた期間も短かったから、強烈な値動きだよね。
夢見るフクロー
リスクオンにしても、リスクオフにしてもこれにレバレッジをかけると、とんでもない値動きになりますね。
MGI
それがFXの醍醐味でもあり、怖いところでもあるよね
夢見るフクロー
もう、フクローの相場師としての血が騒ぎ出してますよ!
MGI
いやいや・・まだ初心者なんじゃ・・・
夢見るフクロー
圧倒的ーーっっっ!愉悦っっっっ!
MGI
もう勝った気でいるの・・・?!
夢見るフクロー
次回もお願いしますっっっっ!
MGI
う、うん・・・

 

続きのお話はこちらからどうぞ
FXのリスクオン・リスクオフ相場とは?相場展開とリスクはどんな関係?

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2020年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ