トップページ > FX口座を開設する準備! > ソニー銀行からクイック入金(リアルタイム入金)ができるFX会社のまとめ

ソニー銀行からクイック入金(リアルタイム入金)ができるFX会社のまとめ

FX口座へ24時間365日リアルタイムに入金できる「クイック入金サービス」(メンテナンス時間を除く)

急な変動があったときなどには重宝するサービスですが、今回はソニー銀行からクイック入金できるFX会社について取り上げてみたいと思います。

結論から申し上げますと、「マネーパートナーズ」の1択という状況です。

クイック入金でなければ、もちろん、どこのFX会社にも入金できるのですが、クイック入金ができる有力FX会社となりますと「マネーパートナーズ」だけという状況です。

筆者がリアルタイム入金が可能なFX会社を徹底調査して、表にまとめましたので下記にてご覧ください。

FX会社主要金融機関手数料
マネーパートナーズソニー銀行

その他の7行(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行)
無料
外為ジャパン約380(ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、スルガ銀行、じぶん銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行、イオン銀行など)無料
SBI FX TRADE約380(ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、スルガ銀行、じぶん銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行、イオン銀行など)無料
JFX約380(ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、スルガ銀行、じぶん銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行、イオン銀行など)無料(三井住友銀行は、契約内容により手数料がかかる場合あり)
DMM FX約370(ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、スルガ銀行、じぶん銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行、イオン銀行など)無料
ヒロセ通商【LION FX】約380(ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、スルガ銀行、じぶん銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行、イオン銀行など)無料(※ジャパンネット・みずほ・三井住友銀行は手数料が必要。)
GMOクリック証券11行(ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行、イオン銀行、埼玉りそな銀行)無料
みんなのFX11行(ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、楽天銀行、りそな銀行、近畿大阪銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行)無料
セントラル短資11行(楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、住信SBIネット銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、りそな銀行、近畿大阪銀行)無料
外為オンライン10行(三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、楽天銀行(旧イーバンク銀行)、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行)無料
外為どっとコム10行(ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、スルガ銀行、じぶん銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行)無料
YJFX!8行(みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、、セブン銀行、楽天銀行)無料
マネックスFX6行(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行)無料

マネーパートナーズでクイック入金を行う方法

では、実際にソニー銀行から「マネーパートナーズ」へのクイック入金の方法を見ていきましょう。

会員登録を行って、ログイン後、ヘッダーメニューにある資産管理(入出金)から「クイック入金」をクリックします。

画像出所/「マネーパートナーズ

すると、入金元となる金融機関の選択画面が出てきますので、その中から「ソニー銀行」を選択します。

画像出所/「マネーパートナーズ

次の入金先のブロックで「パートナーズFX/受け入れ先証拠金」を指定します。

最後に入金額を選んで、「クイック入金確認」のボタンを押します。

その後、ソニー銀行の画面に遷移しますので、今度は、ソニー銀行から出金指示を出します。

ソニー銀行の出金指示を出すと、再び、「マネーパートナーズ」の画面に戻りますので、ちゃんと入金されているか確認しましょう。

画像出所/「マネーパートナーズ

ヘッダーメニューの資産管理(入出金)から資産詳細をクリックすると、受け入れ証拠金が増えているのが確認できると思います。

マネーパートナーズでクイック入金を行った後に空港で外貨を受け取る方法

マネーパートナーズ」では、FX以外にもクイック入金を行った証拠金を外貨として空港で受け取ることができるサービスを展開していまして、海外旅行や海外出張前に羽田空港や成田空港、関西国際空港、中部国際空港で外貨を事前に両替して出金することができます。

画像出所/「マネーパートナーズ

米ドルやユーロ、ポンド、スイスフラン、韓国ウォン、中国元などの通貨を受け取ることができますので、海外に行くことが多い人はFX以外でも利用する価値は十分にあると言えます。

マネーパートナーズでクイック入金を行った後に空港で外貨を受け取るために必要なもの

空港で外貨を受け取るためには、事前に申し込みを行った際に発行される「受付番号」と本人確認書類(パスポートや免許証など)が必要になります。

画像出所/「マネーパートナーズ

海外旅行に行くためには、パスポートが必要なので、忘れることはないでしょう。

マネーパートナーズから自分の口座へ出金をするときの手数料や着金までの時間について

スワップ金利で得たお金やトレードで獲得した利益を出金したいというときのために、「マネーパートナーズ」の出金サービスについても見ておきましょう。

FX会社出金予定日出金手数料/出金額制限
マネーパートナーズ営業日12:59までの依頼は翌営業日
営業日13:00以降の依頼は翌々営業日
手数料無料(1ヶ月で6回目以降は432円)
出金額制限/制限なし

営業日の午前中に出金指示を出せば、翌営業日には口座に着金があるということになります。

ただ、回数によって制限が課されていますので、あまり何度も出金するのは得策ではなさそうです。

〇FX会社と出金先の銀行営業日の違いについて

FXの舞台である為替相場は、日本が祝日であっても相場は動いていることから、FX会社は営業していることが少なくありません。

しかし、出金を受ける側の国内の銀行が休業日となっていることがあり、FX口座から銀行口座に出金依頼を掛けているのに、着金しないということがあります。

大型連休や年末年始の出金依頼については、その点は注意しておきたいところです。

まとめ

「ソニー銀行からクイック入金(リアルタイム入金)ができるFX会社のまとめ」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ソニー銀行からクイック入金ができる貴重な「マネーパートナーズ」について出金、外貨受け取り、出金などを詳しく説明させていただきました。

本記事が読者の方の参考になれば、幸いです!

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2019年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ