トップページ > FXにおけるサイクル分析 > 米国10年国債金利とFRBの金融政策(利上げ・利下げ)の関係とドル円の動向まとめ

米国10年国債金利とFRBの金融政策(利上げ・利下げ)の関係とドル円の動向まとめ

アメリカ経済の状態を推し量る上で最も重要な数値の一つであるアメリカ10年国債金利

過去、アメリカの中央銀行であるFRBは、アメリカの10年国債の金利のボトムとピークに前後する形で、金融緩和(利下げ)、金融引き締め(利上げ)を行ってきておりまして、そして、アメリカの金融政策がドル円の動向にも大きな影響を与えてきました。

そこで、今回は、過去の米国10年国債金利とFRBによる金融政策、そして、ドル円の推移について、1971年から2016年までの動きを時系列で分析していきたいと思います。

早速見ていきましょう。

アメリカの10年国債金利の長期推移

まず、最初にご覧いただくのは、アメリカの10年国債金利の長期推移になります。(1971年-2016年)

us10

出典/10-Year Treasury Constant Maturity Rate -Federal Reserve Bank of St. Louis-

そして、上記の長期チャートに10年国債金利のボトムを注記したチャートが下記になります。

us10_bottom

出典/10-Year Treasury Constant Maturity Rate -Federal Reserve Bank of St. Louis-

直近では、2016年の6月にアメリカの10年国債金利は最低金利を更新しています。

そして、上記の長期チャートに10年国債金利のピークを注記したチャートが下記になります。

us10_top

出典/10-Year Treasury Constant Maturity Rate -Federal Reserve Bank of St. Louis-

直近のアメリカの10年国債金利のピークは2013年の12月となっています。

アメリカの10年国債金利とFFレートの長期推移

では、上記の米国10年国債金利のピークとボトムをもとにして、今度はアメリカのFFレートの長期推移を確認していきたいと思います。

下記がアメリカのFFレートの長期推移になります。(1971年-2016年)

ffarate

出典/Effective Federal Funds Rate -Federal Reserve Bank of St. Louis-

そして、上記のFFレートのチャートに、アメリカ10年国債金利のボトムの時期を注記したチャートが下記になります。

ffrate_up

出典/Effective Federal Funds Rate -Federal Reserve Bank of St. Louis-

過去、FRBは米国10年国債金利がボトムを打つ前後で利上げを通じて、金融引き締めへ動いていることがお分かり頂けるかと思います。

そして、下記はFFレートのチャートに、アメリカ10年国債金利のピークの時期を注記したチャートになります。

ffrate_down

出典/Effective Federal Funds Rate -Federal Reserve Bank of St. Louis-

こちらも米国10年国差金利のピークに前後する形で利下げに動いていることがお分かり頂けるかと思います。

ただ、利下げについては、その期間、利下げの幅、利下げを始めるタイミングなどは、かなりバラツキがあるという状況になっています。

アメリカの10年国債金利とドル円の長期推移

では、続いて、今度はアメリカの10年国債金利の動向とドル円の長期推移について見ていきたいと思います。

まずはドル円の1971年から2016年までのチャートをご覧ください。

jpy

出典/Japan / U.S. Foreign Exchange Rate -Federal Reserve Bank of St. Louis-

そして、上記のドル円のチャートに、アメリカ10年国債金利のボトムの時期を注記したチャートが下記になります。

jpy_bottom

出典/Japan / U.S. Foreign Exchange Rate -Federal Reserve Bank of St. Louis-

続いて、上記のドル円のチャートに、アメリカ10年国債金利のピークの時期を注記したチャートもご覧ください。

jpy_top

出典/Japan / U.S. Foreign Exchange Rate -Federal Reserve Bank of St. Louis-

上記を見るだけですと、米国10年国債金利、アメリカの金融政策、そしてドル円との関係が掴みにくいかと思いますので、今度は、その推移を時系列の表にまとめてみました。

アメリカの10年国債金利とFFレートとドル円の長期推移

まず、最初にご覧いただくのは、米国10年国債金利がボトムを打ち、その後、FRBが金融引き締めに入り、そして、ドル円がピーク(ドル高円安)をつけるまでの過去の動向になります。

米国10年国債金利のボトム利上げの開始ドル円のピーク(円安)
1971年3月1973年1月1975年12月(305.67円)
1976年12月1977年8月1980年4月(250.27円)
1980年6月1980年9月1982年10月(271.61円)
1983年5月1984年4月1985年2月(260.47円)
1987年1月1987年9月1990年4月(158.45円)
1993年10月1994年2月
1997年3月
1998年8月(144.68円)
1998年10月1999年6月2002年2月(133.64円)
2003年6月2004年6月2007年6月(122.68円)
2012年7月2015年12月参考/2015年6月(123.71円)
仮/2016年1月(121.686円)

ご覧いただきました通り、アメリカが利上げを開始してから、「約3年程度」を目途に、ドル円が円安のピークを迎える傾向にあることがお分かり頂けるかと思います。

直近では、アメリカの10年国債金利がボトムを打った2012年7月の約3年後、FRBは利上げに動きましたが、再び、アメリカの10年国債金利は2016年6月に2012年7月を割り込む水準まで低下してきています。

仮に2015年の6月につけたドル円がピークだとすると、過去、はじめてFRBの利上げ前にドル円がピークを打ったということになる可能性が出てきています。

では、続きまして、米国10年国債金利がピークを過ぎてから、FRBが利下げを行い、そしてドル円がボトム(ドル安円高)をつけるまでの過去の動向をご覧ください。

米国10年国債金利のピーク利下げの開始ドル円のボトム
1970年5月1970年11月1973年3月(261.90円)
1975年9月1974年12月1978年10月(183.63円)
1980年3月1980年5月1981年1月(202.36円)
1981年9月1981年11月1984年4月(225.20円)
1984年6月1984年11月1988年11月(123.20円)
1987年10月1990年10月1995年4月(83.68円)
1994年11月1995年7月
1998年9月
1999年12月(102.58円)
2000年1月2001年1月2004年12月(103.81円)
2006年5月2007年9月2011年10月(76.64円)
2013年12月

短いときは、約8ヶ月というときもありますが、多くの場合、FRBが利下げを開始してから、「約3年から4年程度」を目途にドル安円高のボトムが訪れていることがお分かり頂けるかと思います。

なお、アメリカの10年国債金利の推移については、FRBのサイト内にある「Statistical Releases and Historical Data」のページから確認することができます。

まとめ

「米国10年国債金利とFRBの金融政策(利上げ・利下げ)の関係とドル円の動向まとめ」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ドル円を中長期でトレードしているFXのトレーダーに参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました!

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2020年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ