トップページ > FX超入門編 > 円高と円安の仕組みそしてFX

円高と円安の仕組みそしてFX

FX(=forein exchange)は日本語に直すと外国為替のことを指しておりまして、円をドルに替えたり、円をユーロに替えたりといった形で、ある通貨から別の通貨に替えることをFXと呼んでいます。

では、ニュースなどで流れる「円高」「円安」とは一体、何を意味しているのでしょうか。

今回は円高と円安の仕組み、そしてその違いを踏まえた上でFXではどんな取引をするのかということを、簡単に説明したいと思います。

円高と円安の仕組み

円高というと、円の価値が高くなって、円安と言えば円の価値が安くなることを意味しているということは、なんとなく理解はできるけど・・・米ドル/円のレートが100円から120円になるとなぜ円安になるの?ということは、なかなか慣れるまでは感覚として理解しにくいといった人も少なくないかと思います。

そこで、円安と円高の違いをアメリカから車を1台輸入するということを例として、できるだけ簡潔に説明したいと思います。

この為替レートの高い・安いという感覚を掴むことはFXで取引をする上では、決して欠かせない感覚ですので、是非とも理解しておきましょう。

exchange

今、米ドル/円の為替レートが1ドル=100円だと仮定しまして、日本円で100万円の車を1台輸入しようと思うと、米ドルでは1万ドルのお金が必要になることはお分かり頂けるかと思います。

では、これが何かのきっかけで1ドル80円まで円高が進んだとします。

exchange-entaka

1ドル100円のときは、車を1台あたり輸入するのに100万円必要だったのが、1ドルが80円になると、全く同じ車を買うのに、円高が進んだという理由だけで80万円で買えてしまうのです!

これは、円という通貨の価値が米ドルに対して、上昇したということに他ならず、これまでよりもずっと安く買うことができるように円が強くなる、まさにこれが「円高」という意味になります。

では、逆の円安はどうなるでしょうか?

exchange-enyasu

例えば、これまで米ドル/円の為替レートが1ドル=100円だったものが、何かのきっかけで1ドル=150円までの円安が進んだとします。

車の中身は全く変わらないのに、これまで100万円で買えていた車を買うのに、150万ものお金が必要になってしまうということになります。

これは、米ドルに対して、日本の価値が下がってしまったということに他ならず、米ドルに対して、円が安くなったと言い換えることができまして、この現象が「円安」ということになります。

円高と円安の違いを輸入という視点で見てみると、

円安=何かを輸入するときにこれまで以上にお金が必要

円高=何かを輸入するときに、これまでよりも少ないお金しか払わなくてもOK

という風になります。

FXは円高と円安を予想するゲーム

では、為替の取引をするというのは、どういうことかと言いますと、円をベースに考えるのであれば、円高、円安の2者択一を予想するゲームということになります。

では、円高と円安はどのようにして、決まるのでしょうか?

これは実は、為替相場のプロでも予想がつきません(笑)

もっと正確に言えば、予想を当て続けることが難しいのです。

一時期、円安や円高になることを予想して、見事その通りになることもありますが、長い期間に渡って、予想をし続けると、ほとんどの人が50%の確率に落ち着くことになります。

これは、一部の例外を除けば、プロも一般の投資家も違いはありません。

単純に確率の問題ですので、上手い下手ということは関係がないということになります。

では、FXで儲けるということはできないのでしょうか?

決してそんなことはありません。

極端なことを言えば、経済や通貨の特徴、テクニカル分析、ファンダメンタル分析などを知らなくても、50%の確率を55%に引き上げることができたり、あるいは勝率が30%でも、その30%で大きく勝ち越すことができれば、FXの取引で勝ち越すことは現実に十分、あり得ます。

FXの取引というと、人によっては小難しく考えてしまう人も中にはいるかもしれませんが、突き詰めれば、円をベースにした取引であれば、円高と円安のどちらに動くかを当てるシンプルな2者択一のゲームということになります。

ちなみに、米ドル/円は世界の為替マーケットでも、取引量の多い通貨ペアの一つですが、世界で最も取引されているのは、ユーロ/米ドルで、ユーロ/米ドルを取引する場合は、ユーロが米ドルに対して強くなるのか、弱くなるのかということを予想するということになります。

円高と円安を予想しなくても勝つ方法?

先ほどは、FXでは円高と円安を予想する2者択一のゲームであるということを説明しましたが、実は、FXでは仮に予想が外れても勝つ方法があったりします。

その秘密は金利にあります。

日本はバブル崩壊以降も長期にわたって、デフレが続いていることもあり、金利はずっと低いままですが、外国に目を転じると、日本よりも金利が高い国がほとんどです。

中でも、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド、トルコリラといった通貨は、高金利通貨として知られていまして、その通貨を保有しているだけで、金利収入が得られるのです。(正確には2国間の金利差の分だけ、スワップポイントと呼ばれる収入を得るというものになります。以降、話を分かりやすくするために、金利収入という言葉を使用させて頂きます。)

具体的に見て頂く方がイメージしやすいかと思いますので、下記のトルコリラ/円を10,000通貨購入したケースで見てみましょう。

rira

トルコリラ/円の為替レートを45円、金利収入を1日あたり150円としますと、トルコリラを1ヶ月間、買って保有しているだけで4,500円の金利収入があるということになります。(金利収入は土日も発生します)

もちろん、入ってきた金利収入はFXの口座から出金して、自由に使うこともできます。(FX会社によっては使うことができない会社も存在します。)

仮にFXの口座に45万円を入れておいて、1枚だけ保有して金利収入だけを貰うというだけでも銀行口座に預けておくよりは、よっぽどお得ということがお分かり頂けるかと思います。

でも、値下がりしてしまうと損が出ることもあるのでは?

その通りです。

しかし、トルコリラが安くなったり、高くなったりと自分の予想した値動きとは逆に動いたとしても、自分が買ったところまでゆっくりと戻ってくるのを待っていればいいのです。

仮に戻ってくるまでに時間が掛かっても、その間に得た金利収入は自分のものですので、値動きの予想が外れたとしても、損益では勝つということが可能になるのです。

swap

円高と円安の予想は外れても、注文した価格と決済した価格が同じであれば、結果的に金利収入の分だけプラスということになります。

まとめ

円高と円安の違い、そして、FXで取引をするにあたって知っておきたいポイントについてざっくりと見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

円ベースの取引であれば、基本的には円高と円安を予想して取引することになりますが、それ以外にもFXでは収入を得る方法があるなど、FXには様々な取り組み方があることをご理解頂けたのではと思います。

FXで新たな「収益の柱」を手に入れたい人へ

ドル円、豪ドル円、ランド円、ユーロドルなど波乱の動きを見せ始めている2019年1月の為替市場。

ロングでもショートでも大きな値動きを狙う人にとっては絶好の相場環境に入っています。

- 収益の柱を手にする方法 -はきわめて簡単。

安心して取引できる大手FX会社に無料で口座開設して、あとはタイミングを狙ってエントリーするだけ。

今すぐFXという「収益の柱」を手に入れよう。

FX取引高世界第1位
DMM FX

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ